夢喰い白黒バク・4

投稿日:2013/03/29 15:24:32 | 文字数:1,674文字 | 閲覧数:265 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

前Pで続き。

神ゲ連投からまた白黒バクです。お久しぶり!!

クオとレンは実際にいたら絶対仲悪いタイプですね……いや、もしかしたら気が合うかも?……いや、ないな!

ココからは私の作品達のお話。読まなくても大丈夫ですww飛ばしてww

人柱Aliceの世界も、神様ゲェムの世界も、短編での世界も、バカとヘタレの世界も、そしてこのお話の世界も、全部重なっているものとして物語を書かせてもらっています。
この色んな世界たちを見て回れるのは、それこそ神様でも無理かもしれません。
その世界ひとつひとつに神がいて、でも白黒バクだけは「夢」の一部として世界を回ることができる、という設定でやってます。

だからと言って、白黒バクが神よりも上の存在では勿論ないです。ただ、そんな神に夢もユメも見せることが出来るのは、きっと彼一人じゃないかなぁ、なんて思ったり。。。

全ての世界を統べる神は、私の物語の中には存在しません。勿論、私自身でもありません。
神ゲではその世界の神を決めようとしているだけであり、総ての神はないものとしてお話を作っています。

私の力では、世界一つ一つをちゃんと、しっかり作ってあげるには全然足りず、未熟ですが、どうかこれからもよろしくお願いします。

人柱Aliceのおまけは、本当の「おまけ」です。あれは例外ですw


……と、中二っぽく語ってみたわけですがwww長くなっちゃいましたねwwwスイマセンww←

夢喰い白黒バクはこのお話での彼だけです。複数人いません!(

原曲様:Nem「夢喰い白黒バク」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14926860

※原曲様には関係なく、私の世界観なので、動画などへのそういったコメントはお控えください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「はぁ…つかれたぁ」

帰り道。クオと別れて少し、レンさんが隣にやってきた。……現れた?
そういえば、何かクオの様子がおかしかった気がする。気のせいだろうか。

「お疲れ様。でも楽しかったのだろう?そんな顔をしているよ」

「……うん、すっごく楽しいよ!楽しくなきゃダメだし、ね」

そう、彼のために。楽しく、明るく振舞わなければならない。

「……特に、ミクオ君…、かい?彼は本当に面白いね」

レンさんの目には、何か違う感情……懐かしむような…いや、違う。悪意ともつかない、黒くて光のない眼を読むのは難しかった。

「ああ、クオはね。うん、クオは……」

「何かあるの?」

あまり聞かれたくない話だったけど、辺りを見回しても誰もいない。レンさんだったらいいか、と思い、話してしまうことにした。





クオには、双子の妹と弟がいた。
とても仲の良い、元気な姉弟。

でも、ある日。双子の弟は、事故で亡くなった。

いつも元気だった双子の姉……リンちゃんは、元気がなくなって、笑うことも少なくなった。

それを見ていられなかったのは、私や、この頃から一緒に遊んでいたリント、レンカちゃん。

そして、兄のクオ。彼が一番辛そうにしていた。それを表に出すことは、余り無かったけど。
弟をなくし、妹はそれが原因で元気が無くなった。当然だろう。

私たちは、リンちゃんを何とか励まして、でも弟くんの話には触れないように、明るくいようとした。

……本当は、クオもすごい悲しかったはずなのに。

そんなクオも、リンちゃんも、眼に少しずつ光を取り戻していった。隠れて泣くことも無くなった。

けれど、事故から約3年。今から1年位前の、あの日。

リンちゃんが、姿を消した。

事故とか、そういうのじゃない。本当に、いきなり、居なくなってしまった。

レンカちゃんと私の家にいたとき、いきなり連打されたチャイム。

「……クオ、ちょっと、イタズラならやめてよね」

「…………た」

「え?」

「…リンが、消えた。いないんだ、どこにも」

そう言ったクオは、青ざめていて。降っていた雨に、傘を差すことも無く、必死に走って、叫んで、探した。
それでも見つからなくて、数日経っても、帰ってこなくて。あの時のクオは、学校にすらやってこなかった。

生死すらわからず、警察も諦めだした3ヶ月後。毎日毎日探したのに、証拠一つ見つからなかった。

私は、知ってる。雨と、そして涙が混じって、クオの頬を濡らしていたこと。
『あの日、俺が何も言わずに外出なんてしなかったら、もしかしたら』なんて、後悔でいっぱいになっていたこと。それは今も変わってないだろう。

ただ、3ヶ月経っても諦めることは無く、私たちは今でもわざと回り道したり、いつもと違う所を通ったりしてる。

それでも見つからない。だから、私とリント、レンカちゃんは、クオを学校に戻して、少しでも元気になって貰おうとした。

リンちゃんの時と同じ様に、話に触れること無く、少しでも笑ってくれるようにと、励ました。だから、彼の前では明るく、楽しくなきゃいけない。

彼が、悲しみと後悔に押し潰されることが無いように。





「……クオも、全く喋らない訳じゃないし。ほら、今日見たでしょう?何だかんだで乗ってくるからさ」

そのワケが私を弄ることだったのは解せぬ。

「そう。彼は、双子の妹も弟も、どちらもなくしてしまったんだね」

「ううん、きっと……リンちゃんは戻ってきてくれると思うよ。いっつも『クオ兄!』って呼んでたし。兄弟3人、互いが互いを好きで、本当に仲良かったんだから」

『戻ってくるよ』とは、クオの前では言えない。

だって、もう一年。まだ中学生になりたてだったリンちゃんが、わざわざ隠れてクオたちから離れて生きていくか、って考えたら、クオを苦しめるだけになってしまう。


気付くと、もう家のすぐ近くにいた。ふと後ろを見ると、レンさんの姿はない。

「ただいまー!」

玄関のドアを開いた。

鏡音かっこ可愛いよ鏡音!オススメはイケレンとツンデリンだn((聞いてねえ

↓ブログお引越ししました
http://ameblo.jp/kagaminethion/
そしてつぶやきツウィットァー((ネイティブ  @asutoria02

アイコンはお友達のゆーちゃん(てほあ)に描いて頂きました!!

ヲタってしまっている鏡音廃の中学生です。
インドア派、外が嫌いなダメ人間。夜行性。そして変態。

リンレンが…かわいいお―――hshsしつつmgmg((
ヘタレとクーデレに萌える今日この頃。腐ってなんか…いるよ!((ぇ

メッセ、フォローなどなど本当に有難うございます!
お友達になってくださる心の大きな方はメッセ等よろしくお願いいたします。

小説でのリク、アドバイス等あればお気軽にお願いします!

千葉県在住、まだまだ未熟ですがDIVAアーケード厨!

一応女ですww誕生日は4・30!春…ですね…ww



ボカロカップルと言えばクオミク、クオレン←、リンレン、ミヤレン(((、ミヤグミ、カイメイ、リトレカ、テトテド…ほかにも沢山思いつきますが、がくぽは孤独w、ルカ様は孤高であってほしいです。ビバクールビューティー!
レンミクなんぞ認めん!ミヤリンもだ!だがクオリンは認めるww

ルカ様は、ルキとならおk!むしろくっつけこの野郎(((タヒ
最近はクオグミとか増えないかなーなんて思ってみたりw


と、いうふうに妄想が大好きなksですが、どーぞよろしくお願いいたしやす。。。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP