みどりの町、わたしの明日(仮)

1.
父さんを乗せた長い電車は
知らない街へと走ってく
今日もお仕事 おつかれさま
いってらっしゃい お帰りなさい

改札機もなかった この駅は
今ではこんなに 大きくなったね

みどりのひかる わたしの町
小さな歴史を 受け継いで
未来を映す わたしの町
大切に 築かれた
大通りも 学校も 集落も 公園も
わたしの大好きな
京田辺

2.
母さんを乗せた赤いバスは
見慣れた 街へと 走ってく

事務いす走り出す商店街
一休さんもびっくり仰天

みどりのひかる わたしの町
古い文化も 受け継いで
未来を映す わたしの町
いつの日も 変わらない
山裾も 茶畑も お祭りも 食べ物も
わたしの大好きな
京田辺

折り返し:
今日も 楽しい わたしの町
いまも 昔も これからも
みんな しあわせ わたしの町
いまも 昔も これからも
明日(あす)へ 夢翔る わたしの町
変わりゆく 街並みは
交通と 工場と 大学の 学研都市
わたしの大好きな
京田辺

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい
  • オリジナルライセンス

歌詞ブラッシュアップ/改善募集

近々公開を予定している曲の歌詞です.とある小さな町について描きました.
1番は鉄道と町の暮らし,2番は市街地と町の文化,折り返しは産業や学術がそれぞれテーマです.

ブラッシュアップを考えています.何かお気づきの点があればコメントいただければ幸いです.

閲覧数:172

投稿日:2017/03/25 16:40:38

文字数:444文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました