メランコリエ_lyrics

投稿日:2021/11/27 13:03:11 | 文字数:709文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

朝13時半のやさしい陽の香りを 身にまとったとろける虚脱感
動かぬ四肢を引き摺り過去を這った あたし メランコリエ

がらんどうの頭 無彩色の外の世界 落下する錠剤 不安定な状態
あの夜から逃げるように毛布かぶって うまく息ができない

取り繕えたら ふつうになれたらよかった 親の期待に 応えられたらよかった
“努力不足” よく知った指にさされて 地面がゆがんだ

透明な地獄に堕ちてゆくの 堕ちてゆくの 奈落の底まで
はじけてあたしの果肉が散って 果肉が散って 朽ちるんだ

「醜い憎い悪い子が生きてます」 顔に背中に書いて街を徘徊く
いらない脆い出来損ないの肉が 恥を晒しながらほほえんでいる

iPhoneのデフォルトの着信音が嫌いで パパの出す大きな声が嫌いで
夕方に鳴るサイレンが嫌いで ベッドから抜け出せない自分が嫌いで

体は大人 こころは子供の迷探偵 「あたしはきっと」おみごと、名推理
錠剤の効果 切れるまで放っとこうか まだ夜は終わらない

有毒の天国へ昇ってゆく 昇ってゆく 光が差すまで
熱線があたしのからだを焼く からだを焼く ウェルダンで

醜い憎い悪い子が生きている いらない脆い出来損ないの肉が
足掻いている

なんで何錠飲んでも効かないの もう ずっと ずっと ふるえて きえたくて
泣いて泣いて裂けた喉が熟れて このまま誰かに食べられちゃいたい

口に残るチョコの酸味が嫌いで ママの起こすヒステリーが嫌いで
夏の青い青い空が嫌いで 死ぬ勇気すらない自分が嫌いで

夜2時半の虚ろな月の明かりを 身にまとったほどける無力感
動かぬ四肢を引き摺り過去をなぞった あたし メランコリエ

かわいくてほの暗い世界がすきです.
作曲、イラスト、動画、その他いろいろ

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • メランコリエ_offvocal

    by 混乱ねむりさん

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP