布団と炬燵が恋人

投稿日:2015/12/30 23:20:12 | 文字数:503文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「猫みたいな生活で居たいときもある、現実はどうあれ…」

冬でなくても、寒いときは恋しくなりますよね。せめて…せめて…、暖かみが欲しいです!!(。>д<)
………な作品です。突っ込みは甘んじて受けますので、何卒御容赦を~。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

S
明日の予定はどうしようかな?
寝たふりして過ごそうかな
もうちょっとで正午になるころ


Aメロ
何も出来ていないや
働くことと息をすることと
どちらか上手く行かないや
どちらもなのかな

Bメロ
久しぶりのちゃんとした休みだ
胸を張って休めるから
何をしようかな?
誘える人も居ないボッチだけど

S
明日の予定はどうしようかな?
寝たふりして過ごそうかな
星に願いよ寝言になるころ


Aメロ
何も寛(くつろ)げないや
休めることと夢をみることと
どちらか邪魔しているの
寝苦しい身体

Bメロ
久しぶりのちゃんとした休みだ
嘘を吐かず休めるから
何をしようかな?
いつでも頬に溢すボッチだけど

S
明日の予定はどうしようかな?
寝たふりして過ごそうかな
青い悪夢に脅えているころ


Cメロ
休みなんていつものこと
なんにも理由は要らない
むしろ人の多い日には
寝たふり一択だけど

S
明日の予定はどうしようかな?
寝たふりして過ごそうかな
欠伸し忘れ真顔になるころ

LS
明日の予定はどうしようかな?
今日の予定はどうしようかな?
寝たふりして過ごそうかな?
もうちょっとで正午になるころ

アイコンは、もふるおさん に描いて頂きました。Twitter @moghluo
ヘッダーは、haineko さんに描いて頂きました。Twitter @shino1997
意外と惑わせていて、罪悪感を感じるので…。
りくりくりは男性です。
もう少し(いつまでも?)初心者です。
歌詞とSS(歌詞もどき)を創作しています。
基本的に投稿している作詞は作曲・イラスト募集をしているものです。

ただ、自由に歌詞を書くと長くなりすぎる傾向がありますので、しにくいと思われますが。・・・短くなるように精進中であります。
気に留めていただけたら幸いです。

遅ればせながら、Twitter始めました。
@rikulikuri

そして、何故か…。
音遊びを始めてしまいました………!?

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    読ませていただきました。
    蓮野もこういう時期があったので分かります。
    自由だけど、自由だけど。
    どうしよう。という自分がいること。
    自由で嬉しいのですが、それが逆に苦しかったりしますよね。
    束縛が少し欲しくなったり。忙しくしたくなったり。

    ありのままの言葉で、すんなり心に入りこんできました。
    自身も実体験者だからかもしれません^^;
    猫みたいにきままに生きてみたいものです。

    2015/12/31 00:23:42 From  蓮野 藍(深石)

  • userIcon

    メッセージのお返し

    感想、ありがとうございますm(__)m

    ………正解!!、なんて( ̄▽ ̄;)
    …そんな、意味も込めて作りましたね。
    楽にはなってストレスは消えても、次は次は?なストレスを感じる、終わりなきスパイラル。
    改めて、読み解かれると…気恥ずかしいものですね( 〃ω〃)

    久しぶりに自分自身を強く、込めた作品ですね。
    …本当、猫みたいに生きてみたいものです(゜_゜)(。_。)

    2015/12/31 12:18:04 りくりくり

  • userIcon

    ご意見・感想

    読んでいてとても共感しました。私も休みの日はボッチで暇です(・▽・)/★特に連休の時や今のような正月休み真っただ中の時は(・▽・;)

    2015/12/31 00:01:04 From  MicchanSunlight

  • userIcon

    メッセージのお返し

    感想、ありがとうございますm(__)m

    普段、働いてると土日仕事を入れることが殆どなので、祭日にも休まない。
    あっても、何をしたら良いんだろう?過ごして終わりゆく休日…、なんて。

    あら、ボッチに見えなかったですね。
    なんとなく、友達の多い方だと思ってました(゜m゜;)

    2015/12/31 12:12:05 りくりくり

もっと見る

▲TOP