紫陽花ノ芽(歌詞)

投稿日:2015/01/24 01:39:45 | 文字数:348文字 | 閲覧数:168 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

後ろ向きに笑って
何を望む 何を想う
憂星が泣いた
あの頃と同じだ

通り道 澄み渡る
雨の道 冴え渡る
  
紫陽花の芽
君はもう何処にも居ないから
枯れないでよ
その芽が痛みを超え咲く頃に
夜を抜けて嗚呼何があるのか

思い出せやしないんだ
君に出会う前の事を
十字架の丘に
斜陽射す夕焼け

晴れた雨 宵の空
真似た癖 鳥の影

ささやかな
日々はもうここには無いから
冷めないでよ
冷えた手幾許強く握れども       
溶けたガラスの様意味は無いのだ

日々は揺れて
月は落ちて
心から遠くを

紫陽花はもう
ゆり落ちここには無いから
残されてしまった記憶と掴めぬ明日    
紫陽花の芽
君はもう何処にも居ないから
枯れないでよ
その芽が痛みを超え咲く頃に
夜を抜けて嗚呼何があるのか

常識の範囲で好き勝手に使ってもらってかまわんが、使ったらツイッターとかで教えてくれると助かるわ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP