砂塵の空夢

投稿日:2014/07/05 16:45:12 | 文字数:657文字 | 閲覧数:178 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

豆千代さまの曲に詞を書かせて頂きました。
改変版です。





雑記:
長い長い夢を見た。
白く溶けるような夢の終りに見た景色は、果たして夢か、幻望か。

目覚めた世界と似ても似つかない夢の世界は、空だけは同じ色をしていた。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

名も無き夢に見た景色
其処は荒れ果つ荒野
遠く続きゆく空を仰ぐ一輪の花 

馳せる蒼と悠久に永らうる
砂塵に呑まれても孤独に咲き誇る

乾いた風を往なし孤高に生けど
何れ訪うのは 萎凋(いちょう)の運命(さだめ)
然れども其れでも散り逝く為と咲く?

名も無き夢から呼声
其れは何かを求め
遠く果てしなき空へ溶けて滲みゆく音

風の色は塵埃に染められつ
砂塵を駆く声の名残を抱き往く

彷徨いながらやがて孤高の花へと至り
呼声はそっと絶えて――覚醒(さ)める

長い夢の終焉の蒼空に
朽ち逝く花弁が一枚舞い上がる

翳した手を撫でて風が往く彼方
名も無き夢等しき空の蒼へ




~~~~~ひらがなver.

なもなきゆめにみたけしき
そこはあれはつこうや
とおくつづきゆくそらをあおぐ いちりんのはな

はせるあおと ゆうきゅうにながらうる
さじんにのまれても こどくにさきほこる

かわいたかぜをいなし ここうにいけど
いずれおとなうのは いちょうのさだめ
しかれでも それでもちりゆくためとさく?

なもなきゆめからよびごえ
それはなにかをもとめ
とおくはてしなきそらへ とけてにじみゆくおと

かぜのいろは じんあいにそめられつ
さじんをかくこえの なごりをいだきゆく

さまよいながら やがてここうのはなへといたり
よびごえはそっとたえて――さめる

ながいゆめのしゅうえんのそうへきに
くちゆくはなびらが ひとひらまいあがる

かざしたてをなでて かぜがゆくかなた
なもなきゆめひとしき そらのあおへ 

書きたい時に書きたいモノを、をモットーにこそこそ活動してる文字書きです。

長々とオンラインを不在にしておりましたが、無事帰還しました。
それに伴い、御使用頂いた作品、お声掛け頂いた作品を除いて、現掲載の作品を一掃しました。
一応バックアップは取ってあるので、何かありましたらお気軽にメッセージへどうぞ。

また、フォローを下さっていた皆さま、本当にありがとうございました!
これからも変わらずぼちぼち活動していく予定ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。


マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/35576482

アイコンはFTMさま(http://piapro.jp/fatman0603)に書いて頂きました。
ありがとうございます…!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    歌詞募集の結果、ノアールさんの作品を採用させて頂きます!
    こちらの歌詞を使わせていただきます。

    2014/06/29 18:55:21 From  豆千代

  • 砂塵の空夢(サンプル音源)

    by 【単発コラボ】6作品目cloudy【完成!】 

  • 砂塵の空夢(作詞:ノアール様)

    by 豆千代さん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP