【VanaN'Ice】背徳の記憶~The Lost Memory~ 1【自己解釈】

投稿日:2012/02/19 14:41:28 | 文字数:931文字 | 閲覧数:10,329 | カテゴリ:小説

ライセンス:

懲りもせずにシリーズを増やして他のやつを放置してます。
一応書いてますよ。

あと、この小説の中ではレンは「女」です。
一応「レンカ」と表記します。
でもレンです。
女形ですからね、女の子設定ですからね。

本家様 http://www.nicovideo.jp/watch/sm16321602

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

気が狂ってしまいそうな程に、僕らは君を愛し、君は僕らを愛した。
その全てはIMITATION,偽りだ。

そしてこれは禁断。
僕らは、彼女を愛してはいけなかった。
また、彼女も僕らを愛してはいけなかった。
この心も日々も、全て偽りだ。

そんな偽りはいらない。
だったら、壊してしまえばいい。



『すっとキミに言えなかったことがあるの』


かすかに彼女の声が聞こえた。
でも、もうすぐ聞こえなくなるのだろう。


『ずっと…キミに言いたかった…』


感覚は麻痺していく。
遠くなる意識。

溢れる想いと真実は、全て黒で塗りつぶしてしまおう…










<<背徳の記憶~The Lost Memory~>>









「いけない、濡れてしまう」


いきなり降り出した雨。
傘を持っていなかったので、俺はしかたなく近くの建物へ歩き出す。


「これじゃあ、帰れそうにないな…」


何しろ、この土砂降りの雨だ。
このまま走って帰れば、間違いなく風邪をひくだろう。
それはそれで嫌なので仕方ない。
この建物で雨宿りをさせてもらおう。

インターホンはないのか。
あ、あった。
押してみる。


「はい?」


鳴った瞬間に誰か出てきた。
早えよ出てくるの。
反応速すぎて驚いたよ。

その出てきた人物の姿に、俺はもっと驚いた。


少女だ。
黄色い髪で、頭に黒いリボン。
左目のあたりには火傷の痕がある。
両手と胸のあたりにはバラのリボン。
そして黒いリボンとは反対に、全身…というか服が白だった。
雨に濡れたら透ける素材でできているのだろうか。
もちろんスカート以外。

そして――その表情からは、感情が読みとれなかった。
ただこちらを、無表情でじっと見つめていた。


「あ、あの…雨が降ってきたので、やむまで雨宿りを…させていただけないでしょうか?」


俺より小さな少女は、しばらく俺の顔を見つめていた。
なんか俺の顔についているのか、と思っていると少女は口を開いた。


「…いいよ」
「……え?」
「中、入って」


少女はそう言った後、振り返って建物の中へ入っていった。
とりあえず、俺はあとを追う。


「お…お邪魔します」

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    きゃあああああああああ!!!!!(((←
    レンかわいいよレン。ステキすぐるy((斬

    ブクマ頂きます!hshsしながr((殴殴殴

    2012/02/20 15:56:15 From  雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    メッセージのお返し

    テンション上がり注意報が発r(((((
    レンあまり出てきてないという←

    Fate:Rebirthが挫折(二回目)したので、前から書きたかったこちらを書きました。
    仕事増えすぎて絶賛修羅場中^q^
    良い子も悪い子も真似するn(((

    ブクマ感謝です!
    そしてhshsしn(((((((

    2012/02/20 17:48:11 ゆるりー

もっと見る

▲TOP