Redaze

投稿日:2019/02/12 22:51:26 | 文字数:532文字 | 閲覧数:11 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Redaze(リデイズ) 
作詞:m@reis_

降り止んだ雨後 見つけた音さえ
明日にはきっと忘れてしまうから

裸足で歩くのは 簡単じゃないから
靴を手に入れることに必死になってく

読み飛ばしたページを開いても
答えは無いから
いつも
名前も知らず追いかけたのに
いつからだろう

わからないから 俯いてしまう
声に出来ない思いだけど
見たことない景色 探しても
辿りつける場所は夢の中

忘れないように
無くさないように

誰だっていつかは 本当の意味さえ
忘れてしまうから 歩けなくなる

道端で見つけた 綺麗な石は
時間が色褪せガラクタになるけど

埃かぶった ノートに書いた文字
読めなくなるのに
夢中になって 掴もうとするけど
薄れて消えるから

戸惑いながら腕を伸ばして
しののめに思い巡らす
そこで見つけた花でさえも
意味を無くしてしまうのは何故だろう

いつも泣きたくなって
細い腕で目をこする
それでも明日を願って

戸惑いながらも腕を伸ばした
消えていく夢をそっと
なぞるだけはもう嫌だから

意味を無くしてしまったとしても
手の平から差し込む光が
あの時見つけた音になって
青い空になびく、気がしたんだ

夢中になって
音をなぞった

m@reis_(めいさ)です。
ニックネームには「@」表示が出来ない為、小文字のa表記になっております。

自分が消えて無くなってしまう日まで、
真剣に音楽に向き合っていたいです。

▼pixiv FANBOX
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/37112206

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Redaze

    by mareis_さん

▲TOP