1/f

投稿日:2020/07/01 01:18:23 | 文字数:649文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

1/f
作詞作曲 梅雨前線
歌 初音ミク

1/fの歌詞になります。
YouTube、ニコニコ動画共に投稿されておりますので、そちらも視聴していただければ幸いです。

ぜひ歌ってみてください。(歌う際は、@baiutsuyutsuyuまでご連絡いただければ嬉しいです。ピアプロでも大丈夫ですが、そちらの方が早く対応できると思いますので・・・!)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1/f  

作詞作曲 梅雨前線
歌 初音ミク


チューニングのズレた 6弦を
無くしたはずの ピックを
初めて合わせた 不協和音を
思い出して 笑えた

大事なオルゴールの BPMは
思ったよりも 早くて
励ましてくれてた 曲も今
聴いちゃうと泣けて おかしいや

「口に出せば 為せるとか
甘いこと言っていた 自分も
嫌いじゃなかったような気がする」
大人になっちまったんだね

暗い暗い暗い 目の前じゃ
明日の楽譜は 見えなくて
声だけが ずっと 響くから
ギターの歪みで 誤魔化した
苦い苦い苦い たばこの良さに
気づいたフリで 僕らは
どんな夜も エモいで著して
朝に 怯えてさ 

打ちかけた文をそのままに
画面を閉じて もう何度目だ…
あえてこちらから、なんて
考える必要も ないのに

名前がある関係はいいものだ
つけたがってた理由も
わけもないのに 嫌いだったうたも
思い出になっちまったってことか、

何十億分の可能性の 
ひとつの点で 足跡を重ねた
ノイズ混じりのアンプ 割れたシンバル
作り出した 音に埋もれて 

暗い暗い暗い いつかの夜に
どうしても 進めなくなったら
前に光は見えなくても
後ろから「思い出(ぼくら)」が 照らすから

痛い痛い痛い 幸せを
涙にして ながしたくないよ
あなたが例え 落としても
拾ってぼくが 持っておこう
苦い苦い苦い 酒の旨さに
気づいたフリで 僕らは
どんな朝も エモいで著して
いつまでも 揺れ続けていく

その手を 伸ばして

ボカロ作品投稿してます
オフボーカルあるもの
→さよなら平成の夏
inferior to ().
 shout!
 さよなら僕らの夏

ユーチューブ、ニコニコ動画等もアカウントがありますので、よろしくお願いいたします。
他の曲も、リクエストがあればオフボーカルを出させていただきます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP