北窓(歌詞)

投稿日:2018/11/05 00:07:02 | 文字数:431文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

北窓の朝のひかりは
冴えた姿のために
ため息のようになぞる
にぶいペールヴェルト

白布とつめたい板は 
誰もいない丘
反古紙の王国にある
処女地にまた一足

All of the tableaux have cracks, / あなたは言う
as all the people have sins. / 横向きの貌に
お好きにしてと差し出す 酔狂はわたしも 

刃のないナイフを砥ぐような
12℃の刻限


油煙でけぶる川辺路を
足早に行き帰り
松脂の香りを嗅いだ
それきり戻らないの 

All of the tableaux have cracks, / あなたは言う
as all the people have sins. / 誰よりもあなたに
グレーの痛みさえ 霧雨よりあたたかい

琥珀の底で相見ましょう
ひなげしの原 亜麻の原
心は 沈めてある

北窓の朝のひかりは 冴えたまなざしのようで
わたくしたちははじめて、
互いの顔を知るよう

爪山です。メイコV3とミクV4とカイトV3。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【MEIKO】北窓

    by tmymさん

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP