RefLeCt

投稿日:2020/01/23 21:24:09 | 文字数:473文字 | 閲覧数:28 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

広がる 響き 感じながら
残した 言の葉 口ずさんで

見渡す湖 静かな空気と
僕らは 一つに なるんだ

想いをのせて
夜明けの水面(みなも)を 駆け抜けていく
君の声は とめどなく
悲しみさえも 塗りつぶして

今 君と奏でた調べは 遠く輝いて
小さくなったこの心を そっと見守ってくれたんだ


広がる 響き 感じながら
残った 波を 胸に秘めて

見渡す湖 澄みきる空気と
僕らは 一つに なるんだ

願いをのせて
夜空の水面(みなも)を 駆け抜けていく
君の声は とめどなく
夢や希望を 振りまいてく

今 君と奏でた調べは 遠く輝いて
泣いてばかりのこの僕を そっと温めてくれたんだ


魔法のような 毎日が僕と君を
つないで駆け抜けていき
未来を作る音の波に 心ふるわせれば
どんなときでもきっと 笑顔咲きこぼれて
君と僕の涙を昨日に向けて吹き飛ばすんだ


今 君と奏でた調べは 遠く輝いて
一歩踏み出す僕たちを そっと励ましてくれたんだ

震わす声は 高らかに星たちを追い越して
どんなに苦しくても 僕を 包み込んでくれたんだ

はじめまして!
音楽をつくっています。
ステキなアイコンは青野。さんに描いていただきました!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • RefLeCt

    by うづき さらさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP