何もない藍色

投稿日:2019/05/19 09:14:02 | 文字数:621文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

"貴方の全部を知らないままで良かった"

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

貴方のことを知らないままで良かった
本当の私を見せる前で良かった
溢れた涙を手で掬う
暗い四畳半の部屋にTシャツの中で
泳いでいる私の力無い腕は
貴方を抱き締める為だけにあった

もうそんなことは忘れて
どうか楽しい夢だけ見させて

眠りについた藍色の夜に
恋をしていたこと忘れられれば
永い夢から覚めることもないのに
眠りについた藍色の夜に
貴方の寝顔を思い出して
"あぁもう嫌になるなぁ"

歌を口ずさんだ私に気づいて
貴方がそっと触れた頬は
どんな温度でどんな色してたの
いつだって私は貴方を知らなかった

海まで行こうと誘ったけれど
それもいつもはぐらかされていたなぁ

眠りについた藍色の夜に
恋をしていたことを忘れられれば
深い水の色に溺れたままでいられるのに
眠りについた藍色の夜に
貴方からのキスは数えるほどしか
なかったこと私の心は貴方だけの為に
存在(あった)こと
そのどれもが今嘘になる

心はどこにあったの
許されない嘘はいくつあったの
貴方の本当の笑顔は
それさえも分からない私に
貴方はいつから気づいていたの

眠りについた藍色の夜に
恋をしていたこと忘れられれば
永い夢から覚めることもないのに
眠りについた藍色の夜に
貴方の寝顔を思い出して
"あぁもう嫌になるなぁ"

あぁもう本当嫌になるなぁ

貴方のことを知らないままで良かった
本当の私を見せる前で良かった
溢れた涙を手で掬った後
"独りになっちゃった"

歌詞を書きます。

社会人

作詞依頼受付中。
字数などは曲に合わせて変更可能です。

切ない系や悲しい系の歌詞が多いです。

[作曲募集中] となっていないものは既に曲が付いていたりこれから付ける予定のものなので歌詞だけ載せています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP