KagUyaさん

KagUyaさん

kagu_11

歌詞を書きます。

社会人

作詞依頼受付中。
字数などは曲に合わせて変更可能です。

切ない系や悲しい系の歌詞が多いです。

[作曲募集中] となっていないものは既に曲が付いていたりこれから付ける予定のものなので歌詞だけ載せています。

もっと見る

依頼受付中

作曲募集中です
歌詞の字数などはご相談ください。

基本的には二、三日中には出来上がると思いますのでお急ぎの方からのご依頼もお待ちしております。

最終更新日時:2018/05/06 20:21:37

フォロー(19)

  • わほた
  • prea
  • キッタ君
  • adeamu
  • ねじ式
  • takanekobe
  • jospecial
  • moguwanP
  • kemu
  • Neru
  • ナユタン星人
  • n-buna

フォロワー(6)

  • prea
  • adeamu
  • まりも
  • takanekobe
  • にゃすけ
  • moguwanP

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

mirror mirror

A 反射した ガラス窓に映る 君の隣歩くあたし ねぇ見て こんなに笑顔だよ B 二人だけではいつもいられなくて こんな孤独がいつからか気持ちよくて 先の見えない明日に期待し続けてる S どんなにあたしが寂しいと泣いた夜だって 君はちっとも気づかないし その腕に抱きしめられることもない こんなに青い月に照らされたあたしに 君はちっとも気づかないね A こんな風に腕を組んで 街の中歩いてみたいって ベッドの中君の腕を 抱きしめて思う B いつになっても言えない秘密ばかりが 一つ二つと毎日増えていくたび 心の傷に溺れていくようです S こんなに夜に終わりが来て欲しくないのに 明け方君は"行ってくるね"とキスをする そんなことは望んでいない ただここにいて言葉を交わさなくても 信じていられる時間があたしは欲しい C ごめんねを重ねるたび もう君の夢は見なくなった その手を握り返すこの時間も 嘘になれば この歪んだ視界も綺麗になるのだろうか S どんなにあたしが寂しいと泣いた夜だって 君はちっとも気づかないし その腕に抱きしめられることもない こんなに青い月に照らされたあたしに 君はちっとも気づかないね 気づかないことが安心できるなんて おかしくなったこの感覚を 君はどうか覚えないでいて

提供作品です
投稿日時 : 2018/06/27 23:00

何もありません

このページはセキュリティモード(SSL)で送信しています。[アクセス元 23.20.25.122 ]

▲TOP