ヘドニストの幸福な食卓 歌詞

投稿日:2017/03/23 00:33:22 | 文字数:623文字 | 閲覧数:11,915 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ヘドニストの幸福な食卓 歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

大してこの世界に望みなど無くて
愛して、そんな声は裏蓋が打ち落とした
フロイデ、薄らいでく 表も裏も
そうしてこの想いは移ろぎ、昇っていく

足の裏はテーブルから離れてく
新たな世界へと

堕ちた

快楽の果て 開幕 夜明け
高まる心拍 急降下
明滅の眼で軽蔑を見つめ
薄ら笑み浮かべたよ
混濁の中、承諾を経て蛹は孵る
戯曲は今、さんざめく
満たされぬ

なんで、この世界で意識があるのか
解したこの心は舟に乗ったはずなのに
フロイト、心はまだ此処にありますよ
廃した計画たち 果てから見つめていた

冷えた朝は水溜りを晒して
全てを暴き出す

醒めた

泡沫な夢 崩落 背後で
リアルがニヒリズムを語る
鮮烈な絵と善人はきっと
侮蔑を込めて言うよ
蒙昧な眼と盲目な眼に
羽を広げる
烏はただ、泣き喚き、哭き喚く
煩わしいな

満更でもない表情で観測を続けていた
止まないチャイム、放たれた帳と
食べきれずに残したパンケーキ
苦悶に歪む肖像画
鏡を見てるようだった
だのに、なのに、どうして
口の端は釣り上がるのだろう?
刹那、ざわめいた

望まれない生は骸を喰らってた
愛されない生は問いを続けた
痛覚さえも、蹂躙さえも、
性罰さえも、醜悪さえも、
愛おしくて

快楽の果て 快楽を得て
初めて私は人となる
快楽の果て 快楽を以って
皆さまを迎えるよ
快楽の果て 快楽の、はて?
何故泣いてるの?
望みは今、叶えられ、噛み締めて
満たされたのに

金銭が発生する場でのご利用はお声かけ頂けますと幸いです。

もっと見る

▲TOP