等看視 歌詞

投稿日:2021/06/24 10:26:48 | 文字数:599文字 | 閲覧数:630 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

蔓延る回路 に 潰れた退路 逃さず仕留めてくだしゃんせ
私の中を流れる赤色 濾過せず そう 綺麗なままで
私の心看ないでくれ
私の事ほっといて どこまでも置いてって
あなたには私の苦悩なんてなんも分かんないよ。
「これが限界」なんだって 他人には分かんないよって
これからもどうか邪魔しないでね。

蔓延る苦楽 断たれる脈絡
赤色に染めて示そうぜ
明かりを暗く 往当て極楽
誰にも そう 見えないままで
私はただ無力なもんでして とっても迷惑な所存です。
気にせず私のいない何処かで 幸せになって欲しいだけ
ねぇ、どうか ほっといて。

大丈夫だからね このままでいいよ
平等に消えゆく命ならば
あなたが幸せなら あなたが笑えるなら
私はどうだっていい
それでいいの

大丈夫だからね。

泣いてなんかないの

ねえ

私の事ほっといて どこまでも置いてって
あなたには私の苦悩なんてなんも分かんないでしょ
「これが限界」とかって どうしたら分かるの、ねぇ
これからはどうかあなたに託しますね。
四の五の言わないで あなたと私はね
これからも、これからも、これからも、これからは、その先まで
私がいなくてもね きみは強いからね
最初から存在しなかったんだって
分かって欲しくて
分かって欲しくなくて
勝手に流れてく涙なのに
あなたが幸せなら あなたが笑えるなら
私はどうだっていい。
それでいいの。

みどらすたです
ミクで曲作ったり絵も描きます

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 等看視 off vocal

    by MidLusterさん

  • 等看視

    by MidLusterさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP