「ビビッド」 歌詞

投稿日:2018/11/06 21:06:41 | 文字数:797文字 | 閲覧数:426 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ビビッドの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

確かな言葉を探していた
あれから月日は経っていた
空色ずっと曇ったまま
日々は削れた

確かなシグナル 探していた
かすれた声で叫んでいる
苛立ちだけが育ったまま
時は流れた

背が伸びて 僕らは
また空に近くなる
でも気付く このまま
届かない 悟ったのに
だんだん 世界が濃くなっていくの
だんだん 傷口塞がっていくの
つまりは 心が 春の其れになっていた

青春とやらが僕の黒に
何回だって ぶつかるんだ
嗚呼 全ては今始まった
悲しみは 過去と共に
見る影無く消えたよ
ひゅるりと抜ける 涼風抜ける 
底から理由なく 涙がぽろぽろ零れる
僕らは朽ちる されどまた行くんだ
だから 風光る時 待つんだ



新たな景色は此処にあった
あれから月日は経っていた
空色見つめて泣いている
嗚呼 時を重ねた

下ろし立て 僕らは
あの頃に 立ち止まる
今まで 噛み締め
エンドロールを歩いていたんだ
だんだん 世界が濃くなっていくの
だんだん 傷口塞がっていくの
つまりは 心が 春の其れになっていた

青春とやらが僕の白に
何回だって ぶつかるんだ
嗚呼 過去なら今消し飛んだ
さあ今だ 走り叫び
まどろみから覚めるよ
立ち止まっても 時計は回る
その針止めても 何も変わりはしないから
僕らは朽ちる されどまた行くのに
一人 うずくまり泣いてたんだ


下ろした手 見つめて 
「いまさら」と吐き捨てた
言葉は 何処かで
こだまして消えたんだ
だんだん 世界が潤っていくの
だんだん 景色が色付いていくの
つまりは 心が 春の其れになっていた

青春とやらが僕の黒に
何回だって ぶつかるんだ
嗚呼 全てを今塗り替えた
悲しみは 過去と共に
跡型なく無く消えたよ
ひゅるりと抜ける 涼風抜ける
底から理由なく 涙がぽろぽろ零れる
僕らは朽ちる されどまた探した
空は すぐそばに咲いてたんだ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 「ビビッド」Off Vocal 男性key(-6)マスタリング済

    by あめのむらくもPさん

  • 「ビビッド」Off Vocal 男性key(-6) Mixのみ

    by あめのむらくもPさん

もっと見る(4)

もっと見る

▲TOP