レリーフ

投稿日:2015/11/30 04:42:15 | 文字数:576文字 | 閲覧数:200 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

IAオリジナル楽曲「レリーフ」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

愛されたいと叫んだ
小さな首を絞めた君は
ありふれた色の言葉だけ
綺麗にならべていくんだ

明日のヒットチャートも
昨日までの妙な頭痛も
無駄を繰り返した日々の
シュプレヒコールのようで

咽喉につまる言葉だらけ嘔吐物共々で
生きて死んでを繰り返してどれぐらいが経っても
僕がアダムでもなければ君はイヴでもないから
とかって言ったように

あいつもこいつもどいつも“平等に“という それなのに
あいつもこいつも自分が一番なんだよ わかってんだ

僕らは大概他人はどうでもいいとか思っていて
いつだってそう 美辞麗句ばかり並べ遠くで吠えている


案外人はどうにも
意地汚く生きれるようで
金の為ならとこぞって
悪事ばかりするようだ

誰もが幸せになれるわけじゃないのに
誰もが幸せになろうとしてる世の中で

僕らだっていつでも人を騙して生きてる
そうれはそうであってそうじゃないと考えても
誰にだって裏があって表なんて愛想だらけで
疲れてしまっても

あいつもこいつもどいつも穴兄弟なら そうなんだ
あいつもこいつもどいつも棒姉妹なの わかってる
呑気な僕らはそんな事はどうだっていい そうなんだ
ほっといたって何も感じないような寂しい人間だ


僕もいつかは 消えてなくなる
遠い星の一つになって
崩れていくのそれでも僕ら
今を覚えて呼吸をしていたい

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP