ヤコウクジラ

投稿日:2022/07/02 22:08:25 | 文字数:320文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ボカウォッチ楽曲祭夏参加作品
illust-さとすいぬ さん(tw→arinnkogahaku)
music-Xiba(tw→discharge100)
lyric-サトウトシオ(tw→310_1040)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

うるさい蝉の声 揺らぐ景色
あれは何だろう 浮かぶ蜃気楼
時は知らぬ間に狂いだして
迷い込んだ此処はもう 知らない場所だった

水泡が騒めいた
視界はもう不明瞭だ
ひとつ影が横切った
世界はもう夜だった

水飛沫が踊りだした
昼も夜も不明確だ
ひとつ影が空を覆った
君と居た時間が夢のようだ

グルリ廻る視界の片隅
辿り着くは夜を往く街
囁いてた 声が揺らいで
あの夏の太陽が戻った気がした

水泡がまた揺れた
輪郭は少し曖昧だ
ひとり君がそこに居た
世界は明るくて暗かった

ここはもう夜行街だ

水泡が煌めいた
世界はもう不鮮明だ
ふたつ影が並んでいた
世界はもう夜だったんだ

答えはもう揺らいで消えた

さよならと共にクジラが去った

糖分と塩分を主食とする陸棲生物。
ごく稀に音楽活動をしている。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP