slip away 歌詞

投稿日:2016/03/09 00:47:44 | 文字数:481文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

slip away 歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春一番 君の笑顔が聴こえたら
僕はまるで仔犬みたいなそぶりでドアを開けて
それから寝ぐせのまんまの自分に気付くはず

朝一番 少し腫れた顔が映る
僕は鏡の中に少しにやけたままで今立っていて
それから締りのない幸せに少し照れてみる

切ないような 騒ぎ立つような それでいて喜びに満ちた日々だ

十年経って 二十年経って その先僕等はまだ近くにいるかなあ
恋人でもなく 他人でもない でも傍に居てほしくて傍に居たい

春一番 君の薫り運んで来て
風はまるで綿菓子のように甘くて柔らかくて
20m後ろに君が立ってるのに気付く

静かなような 情熱のような 絶妙な舌触りに満ちた日々だ

五十年経って 八十年経って その先僕等はまだ生きているのかなあ
あまり遠過ぎず でも近すぎない でもある意味愛しくて何気に暖かい

百年経って まだまだ経って その頃僕等の夢は叶っているのかなあ
恋人ではなく 他人でもなく でも確かに僕等の間を結ぶ糸はある

偶然だって 運命だって つまりは誰かの主観の熟れの果てさ
肩肘張って 風受けて でも傍に来てくれればまた生き延びていける

ニコニコ動画で歌ったりボカロ曲作ったり

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP