夜明け前

投稿日:2014/02/09 15:59:50 | 文字数:610文字 | 閲覧数:271 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

いろはすさんの歌詞募集曲(http://piapro.jp/t/z_FO)にあわせて書いた歌詞です。
感情の変化を空色の移り変わりで表現してみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

地平に沈む今日を 爪先でつついて
未だ見ぬ未来へ 転がしてく

茜に染まる空に 太陽は融けゆき
想い出を抱いて 眠りましょう

ふたり、手を繋いで いつか笑い合える
そんな叶うことない 永久の夢を見た

あざやかに巡りゆく季節
指折り数え 吐息零し
風が音も立てずに 雲を運び 背中を押していく

濡れた頬を撫でて 更けた夜を微笑う
星がきらりと泣いて 遠い明日を見た

おだやかで優しい記憶に
口付けをして 強く抱いて 決して落とすことのないように
止まることを忘れてしまった
時計を呑み込んで歩いて 朝を刷いた空が微笑んだ
ほら、夜が明けるよ




***ひらがなver.***


ちへいにしずむきょおを つまさきでつついて
まだみぬみらいえ ころがしてく

あかねにそまるそらに たいよおはとけゆき
おもいでをだいて ねむりましょお

ふたりてをつないで いつかわらいあえる
そんなかなうことない とわのゆめをみた

あざやかにめぐりゆくきせつ
ゆびおりかぞえ といきこぼし
かぜがおともたてずに くもをはこび せなかをおしていく

ぬれたほおをなでて ふけたよるをわらう
ほしがきらりとないて とおいあすをみた

おだやかでやさしいきおくに
くちづけをして つよくだいて けしておとすことのないよおに
とまることをわすれてしまあた
とけいをのみこんであるいて あさをはいたそらがほほえんだ
ほらよるがあけるよ

跡地

プロフのアイコンはnuさんに作って頂きました。

引っ越し先→https://piapro.jp/kotoyuka

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP