Satellite

投稿日:2012/04/14 22:10:25 | 文字数:357文字 | 閲覧数:44 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

宇宙をイメージしてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


サテライトの光が照らす白と黒の世界に
落ちた欠片を求めて歩くどこまでも
君と私の間を繋ぐコスモでは
足掻いても息ができないんだ


横目で見た君の顔は憂鬱げに陰り
「明日から雨が降るらしい」と
ぼんやりこぼしてみせた

飾り物の優しさに満足したふりできるほど
人間はできていませんので
所詮 私は小惑星



風に消されそうな星を見上げてた
求めるけれど掴めない光に
寄り添った十六夜の月

「久しぶりに会えたね 君の声が聴きたいよ」
長い沈黙風も吹かずに
「ふうん」
と投げた鎮魂歌


サテライトの光が照らす白と黒の世界に
落ちた欠片を求めて歩くどこまでも
君と私の間を繋ぐコスモでは
足掻いても息ができないんだ


脆い体と心では
無重力に耐えられない
最後くらい私の唇で
読み取りなさい

「さようなら」

趣味で色々書いてます(主に詩)。

どうにも内向的なので、声かけてくれると嬉し過ぎます。

あまりログインできませんが、こんな新参者をどうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP