剱の行方(つるぎのゆくえ)

投稿日:2019/03/08 20:25:02 | 文字数:1,070文字 | 閲覧数:89 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

久路太一さんへの応募用【落選】作品となります。
https://piapro.jp/html5_player_popup/?id=zg0ijdv9vvqhy63j&cdate=20190309000115&p=0

ひらがなVerでは(wa)と発音する「は」を「わ」と表記してます。

戦闘中にかかりそうな疾走感溢れる感じでしたので
剣で戦うバトル物のOPをイメージして書いてみました。
剣で戦いながら時々回想の様なものを挟み
最後は街を見下ろせるような丘の上から
広がる青空を映してく感じの光景を思い描いてました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

まだまだ終わらない 握り締めた君の手
ほらほら立ち上がり 剣を向けて戦え

交わらない かざした正義の剣
寄り添いあう 二つの影 今も 変わらない
どこまでも

闇を切り裂く あの流れ星
降り注ぐは光の大地
ただ揺らいでる あの花ならば
散りゆく意味など知らなくて
咲かした笑顔も色褪せ
ただ風に溶けてく


ハラハラ散り積もる 剣戟、火花の音
ドキドキする鼓動 一つ一つ高鳴る

打ち鳴らして 交わした名誉の剣
倒れる友 零れ落ちた 涙 拭えない
今はまだ

悪を切り裂く 剣の意味は
守るべき大切な全て
まだ揺らいでる この花ならば
激しい炎で燃やして
咲かした花びら散らせて
ただ前に駆けてく


どこまでも続く 辛い運命
剣を掴んだ 人たちは誰?

流した涙 振り払った
交わした誓い 指を切った
打ち砕く道 ただ選んだ
どこまでも続く 平和を祈り

涙切り裂く 願いを込めた
抱きしめた人々の笑顔
風に揺れてる あの花ならば
幸せの種を飛ばして
広がる青空果てなく
ただ風に溶けてく




ひらがなVer

【Aメロ】
まだまだおわらない にぎりしめたきみのて
ほらほらたちあがり けんをむけてたたかえ

【Bメロ】
まじわらない かざしたせいぎのつるぎ
よりそいあう ふたつのかげ いまも かわらない
どこまでも

【サビ】
やみをきりさく あのながれぼし
ふりそそぐわひかりのだいち
ただゆらいでる あのはなならば
ちりゆくいみなどしらなくて
さかしたえがおもいろあせ
ただかぜにとけてく

【Aメロ2】
はらはらちりつもる けんげきひばなのおと
どきどきするこどう ひとつひとつたかなる

【Bメロ2】
うちならして かわしためいよのつるぎ
たおれるとも こぼれおちた なみだ ぬぐえない
いまわまだ

【サビ2】
あくをきりさく つるぎのいみわ
まもるべきたいせつなすべて
まだゆらいでる このはなならば
はげしいほのおでもやして
さかしたはなびらちらせて
ただまえにかけてく

【Cメロ】
どこまでもつづく つらいさだめ
けんをつかんだひ とたちわだれ

【Dメロ】
ながしたなみだ ふりはらった
かわしたちかい ゆびをきった
うちくだくみち ただえらんだ
どこまでもつづく へいわをいのり

【サビ3】
なみだきりさく ねがいをこめた
だきしめたひとびとのえがお
かぜにゆれてる あのはなならば
しあわせのたねをとばして
ひろがるあおぞらはてなく
ただかぜにとけてく

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2020年、piapro歴1歳になりました。
まだまだ分からずオギャってる状態です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP