流々転々

投稿日:2018/11/19 23:14:13 | 文字数:410文字 | 閲覧数:253 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

タイトル考えるの苦手です
ボーカルは女の子なら誰でもいいです
出来ればちょい和風のスローバラードだと嬉しいです

生生流転、盛者必衰、私はだいたい付和雷同

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
桜の花が咲いて
しまったら 葉桜になるように
留まらない季節を
時には止めてみたい

B
だけど荒波を起こす冬の海
そしてどしゃ降りの夕立の後に

S
春の海 夏の虹
流れ留まらず滔々
秋雨に落とされて
くすんだ紅葉さえ雪の下
巡り巡る 一度お別れ
沢山また会えるね

A
気付かないうちにもう
一年が経っていく中で
多くとすれ違った
多くはそれっきりで

B
二度三度 出会う方が稀
だからこそまたねと言える誰かに出会い

S
暗いものの楽しい
ことをふと見つけられたら
ありのまま 気負わずに
季節のように受け入れられる
何度も会う中で多分
当たり前へと変わる

C
ここであなたと一度別れ
それっきりならそれも縁
ただ長い時の中でなら
重なる日もあるか
その時は

S
春の海 夏の虹
そんな出会いとなればいい
秋雨に落とされた
くすんだ紅葉さえ雪の下
どうなるだろう これからは
どんな人に会うだろう

作詩と作曲しますがまだまだ修行中
作詩は気に入るまで改定かけ続けます
今年はいっぱい曲作りたいな

夢はおっきくいつかベストアルバムを作るんだ(※100均で)

今作っているもの
SHOWER ROOM
5月、ブランコにて

作りかけ
Horizont
ナビゲート、エスコート
order

作る気はあるが放置中
ルーシ―
ひとりごと

マイナス思考ゆえに根暗なやつがおおいですが前向きなやつもかけるようになりたいものです

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP