マトカリアの手帳は飴色を知らない

投稿日:2015/10/15 19:02:56 | 文字数:476文字 | 閲覧数:385 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「マトカリアの手帳は飴色を知らない」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

色盲の街へ花束を
懺悔の都市には聖歌を
擦れた心には何を
ねぇ、捧げるの?

清廉な声で名を呼んで
無垢な瞳で燈を見つめ
時計の針を指で食み
悲笑みを溢す

プシュケに捧ぐ 哀の詩
制約を課せられた記憶
0と1の想いがいつの日か
届きますように
霞の情が熱帯びる
刹那の高鳴りを堪えて
筆で綴る想いが燭台に
緩火を灯した

憶が手帳の白を呑む
紡いだ憶が堅を成す
今だけ緩やかな時が
止まればいいな

秋めく空は褪せて
冷えた風が囁いた
刻限はもう間近で
愚図りだす灯火に口付けをした

夜降ち 注ぐ月時雨
淡く溶ける様は泡のよう
この夢もあと僅か
白日の元へ溶けて消ゆ

とある挿話、
明くる日を
ただ拒んだ私の姿は
儚く脆いヒトのようね
情炎に心が焦がれそう
零れて溢れた何かは
貴方が私にくれた宝物

晩秋の宵の口
プリムラを抱き締め
揺籠の中で眠りに就く

出会いに祝福を
コロルの国へ賛美歌を
彼女には慈愛を捧げる
観世繕りの記憶は
永久に続いていくから
褪せた手帳が自を述べる
変わらぬ面影に見合える
頁の中で生きる文字達は
飴色を知らない

金銭が発生する場でのご利用はお声かけ頂けますと幸いです。

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP