陽だまり

投稿日:2018/01/30 09:03:51 | 文字数:293文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

窓から射し込んでくる 穏やかな陽射し
ソファに寝ころびながら 心地よい微睡

今はひとりきりで過ごす ふたりのこの部屋で
倒したままの写真に微笑みかけてみる

翳した掌に映す愛の残像
無言の時間さえ今は懐かしい

あなたの隣にいればそれが幸せだった
少しずつ開いてゆく距離に戸惑いながら

交わした約束は二人が閉ざす未来
それでも溢れてる 光 眩しくて

あなたの隣にいればそれが幸せだった
悲しい夢の続きは胸の中 紡いでく

あなたの隣はいつも陽だまりみたいだった
あの時 気づいていたら傍にいられたのにね

ふたりで紡いだ時間 その名残に抱かれて
瞼の裏に浮かんだ もうひとつの物語

ボカロには最初興味がなかったのですが、
素敵な曲や動画やイラストなどがたくさんあって、
自分でもやりたくなってしまいました!

仲間に入れてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【巡音ルカ】陽だまり【オリジナル】

    by mieuxさん

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP