陸鳥

投稿日:2013/07/27 13:42:44 | 文字数:977文字 | 閲覧数:227 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

ハチ公P様の曲http://piapro.jp/t/IZp7に応募させていただきました。

飛ぶことが出来ない陸の鳥が自分の足を信じて前に進むところをイメージして書きました。
あと、゛色彩″もテーマにしてます。
全体的に和風にしてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

淡く赤みを帯びた指
きらり微笑む青若葉
弾くおはじき童歌
錦色が舞っては揺れる水面

思う 幼いこの背の翼は
飛ぶことはない
せめて見張る色彩で

魅せる 駆け巡る駆け巡る
狂わしい速度
不安ですくむ羽を広げて
潤う 瞳には瞳には
傍ら転がる覚悟が
強く瞬きだした

ぱらりぱらりと水の玉
愉快 緑の合唱団
灰を散らした曇り空
紅の華見立てた蛇の目の傘

光る眼光鋭い鉤爪
全部 空想
遠く甘い果実でも

食らう 駆け抜ける駆け抜ける
吹き荒れる風が
期待で弾む羽を広げて
跳ねる 泥水が泥水が
引き攣るこの頬汚して
地図を描いてくれる


花びら ひらひらりきれい
夜空散らす 光る石
凍る朝にふわりふわり
無邪気 遊ぶ 笑う雪
西の果てへ落ちる夕日
ゆるり伸びる影ぼうし
秘める 想いすら

食らう 駆け抜ける駆け抜ける
吹き荒れる風が
期待で弾む羽を広げて
跳ねる 泥水が泥水が
引き攣るこの頬汚して
地図を描いてくれる

魅せる 駆け巡る駆け巡る
狂わしい速度
不安ですくむ羽を広げて
潤う 瞳には瞳には
傍ら転がる覚悟が
強く瞬きだした


(ひらがなver)
あわく あかみを おびたゆび
きらり ほほえむ あおわかば
はじく おはじき わらべうた
きんしょくが まっては ゆれるみなも

おもう おさない このせのつばさは
とぶことはない
せめて みはる しきさいで

みせる かけめぐるかけめぐる
くるわしい そくど
ふあんで すくむ はねをひろげて
うるう ひとみにはひとみには
かたわら ころがる かくごが
つよく またたきだした

ぱらりぱらりと みずのたま
ゆかい みどりの がっしょうたい
はいを ちらした くもりぞら
べにのはな みたてた じゃのめのかさ

ひかる がんこう するどいかぎづめ
ぜんぶ くうそう
とおく あまい かじつでも

くらう かけぬけるかけぬける
ふきあれる かぜが
きたいで はずむ はねをひろげて
はねる どろみずがどろみずが
ひきつる このほほ よごして
ちずを えがいてくれる

はなびら ひらひらり きれい
よぞら ちらす ひかるいし
こおる あさに ふわりふわり
むじゃき あそぶ わらうゆき
にしのはて おちる ゆうひ
ゆるり のびる かげぼうし
ひめる おもいすら

(以下繰り返し)

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP