タイム・ルーパー

投稿日:2018/03/28 17:53:01 | 文字数:606文字 | 閲覧数:49 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

初音ミク「マジカルミライ 2018」楽曲コンテストの応募した作品の歌詞カードです。

暗いけれど、どこか幻想的な世界... そんな雰囲気の曲です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

タイム・ルーパー
作詞作曲:RUIE

空を見上げた
星が降る夜
どの世界かな
何回目?

いつからだろう 灰色の空
冴えない顔で過ごす毎日
嘘を重ねて 痛みに慣れた
ツギハギで紡いだ傷口 

見慣れたはずの商店街
通り過ぎた日々をループしていく
終点間近の列車で
新しい夜を探しながら

真夏の雨に 霞んでいく声
サヨナラも言えずに消え去った
失うことに 怯えていたんだ 
降り続ける雨のように

足りない物を 手にするために
理想の自分を象って
正しく飾る 偽の称号さえ 
ツギハギを重ねた肖像画

繰り返す日々の檻に
閉じ込めた幼い自分も
本当はわかっていたんだ
ここにはすでに何もない事を

真夏の雨に 霞んでいく声
サヨナラも言えずに消え去った
失うことに 怯えていたんだ 
少し雨に噎せても

霖の幻想 歩み寄る心情
君と見たあの日の情景が
記憶の中の 色褪せた街に
少し星を降らしたんだ

君の声がする その扉を叩くたびに
君の声がする そう 心を連れ去るように
君の声の方 止まっていた針が動き出す
君の声の方 あの日の約束を果たすまで

今歩んでいる
今紡いでいる
この物語
もう一度

真夏の雨に 霞んでいく声
サヨナラも言えずに消え去った
愛しているなんて 守りたいなんて 
少し雨に噎せても

霖の幻想 歩み寄る心情
君と見たあの日の情景が
記憶の中の 色褪せた街に
少し星を降らしたんだ

主に電子音楽系のボーカロイド楽曲やEDM系の作品を製作しています。最近はロック調の曲にハマっています。

Music producer / sound designer. I mainly make Vocaloid, electronic, and instrumental music.


Contact: ruiemscofficial@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • タイム・ルーパー

    by Ruieさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP