幼恋歌

投稿日:2015/06/05 00:08:41 | 文字数:547文字 | 閲覧数:399 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ぽてとくん様の曲への応募歌詞です。
http://piapro.jp/t/w77k


声が出ない女の子が幼き頃から恋をしている様を歌詞に描かせて頂きました。タイトルも安易ですが、「幼い恋の歌」を単純に略させていただいたものです。

2番のAメロは花占いの様子です。
花弁を一枚一枚「好き…嫌い…好き…」と…私も小学生の頃、たまにやりました←


~:*:~:*:~:*:~

☆3月12日 ニコ動にて…☆

作曲:ぽてとくん さま
ぎたあ:0凪さま
絵:茶月さま
動画:朱音海良さま

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】
ひとつき ふたつき 時を刻む
幾重に鳴り響くは 甘い 恋の音(すず)
華やぐ心に 陰る月は
交わせぬ言ノ葉 その涙だけ

【Bメロ】
いつか いつか 願うのでしょう
この心に宿した ハナノタネ
互いに寄り添う 未来(さき) 見据えた姿に
咲き誇るは 大輪の花

【サビ】
踊れ 踊れ この身に纏え
まだ目覚めぬ 蕾に 囁いて
水面(みなも) 心 たゆたうように 
声なき声 抱きしめ 幼恋歌



【Aメロ】
ひとひら ふたひら 風に唄う
茜空の小道に 独りきり
ひらりと舞う花 想い届け
天(あま)かける龍の背に 飛び乗って

【Bメロ】
いつか いつか 溢れるでしょう
まるで迷子のように 泣きじゃくり
間違いのない恋は あるわけないよと
優しき声に 背を押され

【サビ】
咲いて 咲いて あなたを包め
ただ儚く散りゆく 運命(さだめ)でも
水面 心 たゆたうように
声なき声 嗄らして 幼恋歌

【Bメロ】
いつか いつか 守るのでしょう
小指を絡め告げた 約束を
紅(べに)の簪挿した 結い上げた髪に
着るは白色(はくしょく) 夢衣装

【3サビ】
響け 永遠(とわ)に あなたと唄え
いま駆け出す 二人の幼恋歌
水面 心 たゆたわぬように
声なき声 の代わり 笑顔咲かす

moka(もか)といいます。
作詞するのが好きなので気ままに作っていけたらいいなぁ…と。
ほんと自由人です←

タイトルに☆がついているものが曲なしです。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP