【初音ミク】雪降るクリスマス【歌詞】

投稿日:2012/12/14 23:27:30 | 文字数:513文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雪降るクリスマスの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雪降る街で二人きり 君が言った言葉は…

「二人っきりでパーティがいいな」 通り過ぎる飾られたモミの木
街の灯りで酔っちゃいそうだ 右手をぎゅっと握りしめた
藍色の空が深くなって 私たちの周りだけ暖かい
「寒くなってきたね」なんて感想もらす 君だけれど 君だけれど

泣いていた私を 笑顔にしてくれた
不思議な魔法の言葉 伝わっているのかな?

雪降るクリスマス
それは何かが起こる 奇跡の日
雪降るクリスマス
それは年に一度の 特別な日

すれ違う二人を見て 思わず頬を赤らめた瞬間
君は変わらない無表情 左手をぎゅっと握りしめた
透明な空気の中に 白い雫が混じりだした
君は急に立ち止まって 前髪かな 見つめているの? 見つめているの?

流れていた時間も 冷たく凍りつく
不思議な魔法の魅力 急加速する鼓動

雪降るクリスマス
それは何かが起こる 奇跡の日
雪降るクリスマス
それは年に一度の 特別な日

君の口から放たれた 熱い光に焼き尽くされて
私は今何してたの? あぁやだ何もわかんないよ

雪降るクリスマス
それは何かが起こる 奇跡の日
雪降るクリスマス
それは年に一度の 特別な日

でも不思議に嫌な気はしない

主にオリジナル曲作成しています。
ピアプロさんにはVocaloidの歌もの投稿します。

作曲がメインです。
作詞は最近始めました。
動画は更に最近始めました。


Twitter
https://twitter.com/opt516

ニコニコ公開マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/4220441

mail
opt2opt@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP