くもくも(仮)

投稿日:2009/02/09 02:42:47 | 文字数:211文字 | 閲覧数:47 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ど素人の季節はずれです・・・・
ど素人ゆえ、もし使っていただけるなら
字数とか色々変なので手直ししちゃってください。
そんなことより花火見ようぜ!
なんかしら、この詩で感じるものがあれば幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「くもくも(仮)」

ある夏の夜の打ち上げ花火

下からの眺めは綺麗なものだ

様々に弾ける星の後ろに

生まれて出てきた煙の蜘蛛

四方八方、手足を伸ばし

花火から生まれた大きな蜘蛛

風に流され次々と生まれ

だけど誰もが気づかない

見えているけど見逃している

そんな煙のもくもくな蜘蛛

暗い夜空じゃ見にくいけれど

近くの花火に照らされて

きっとみんなにも見つけれるよ

世界で一番、大きな大きな煙の蜘蛛を

色々な楽曲を聴きたいがためにピアプロに。
それだけじゃ、なんだか寂しいですから
絵心ない、音楽知識なし。
歌詞?かけるのかしら・・・・。
でもためにしに考えたら自分でもわけわからんものが出来上がりました。
思い浮かぶものもハエトリクモやダンゴムシやワラジムシ・・・・orz
ろくでもないポエム。
とりあえず、何かしらに挑戦してみた結果がこれってもの妥当ですなorz。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP