Cerulean

投稿日:2016/04/24 17:10:58 | 文字数:398文字 | 閲覧数:152 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

Ceruleanは「青空」の意味があります。セルリアンと読みます。(青色の種類にセルリアンブルーという色があります。)

一応仮の題名なので変更も可能です。


イメージとしては、社会人。仕事に対する、自分の誇りだったり内に秘めてる向上心だったり。自分の思っていた輝かしい人生ではない気がするけど、それでも自分なりに一生懸命で、よりよくしたいという気持ちを「青い空を探す」という表現にしました。

歌詞修正変更可能です。お気軽にメッセージください。

。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿。.゜+:✿

4/24
採用ありがとうございます!


こちらの楽曲への応募用:http://piapro.jp/t/dVrG

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サビ
厚い雲 空の重さ 苦しくて

1-A
生きていれば うまくいかない事
一度くらい あるものだけれど
「二度と同じ間違いはしない」
次へと進む 自分を描く

1-B
僕にだって誰にだって
曲げられないことくらい
君にだって誰にだって
プライドくらいある

1-サビ
輝いていたい未来は いつしか
くすんだ色に見えてしまっていて
立ち並ぶビルの隙間から 今日も
僕らは青い空を 探していた

2-A
つまずいた 痛みすら 糧にして
「人生のほんの一部だ」って
そしたら、ちっぽけな気がしてさ
次に進まなきゃと思えたよ

2-B
僕にとって君にとって
大事なことは違ってて
僕にだっていつかきっと
輝ける日が来る

2-サビ
灰色の 雲を抜けて 降り注げ

3-サビ
風を この身で受けとめて 未来を
この手で切り開けるような気がした
立ち並ぶビルの隙間から やっと
僕らは青い空を 見つけたんだ

*Twitter⇒ @furumaimu (多分一番反応早いです)
*投稿の際はマイリストを載せてもらえると嬉しいです。
*マイリスト⇒ http://www.nicovideo.jp/mylist/50871683
(歌・作詞・動画・イラストなど関わった全てのマイリスト)
*タイトルに【曲募集】の表記のあるものに曲をつけていただけると嬉しいです。お気軽にメッセージください。
*歌詞依頼も、歌ってみたコラボもぜひ誘ってください。
ピアプロでは歌詞投稿多めですが歌ってみたをメインでやっています。

*アイコンはOrIONに書いてもらったものです。

*こちらでサポーターさせて貰ってますが、基本フリーでやってます。
http://www.lts.tokyo/

もっと見る

作品へのコメント5

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは、ご無沙汰しております。
    ニコニコ動画へ投稿が終わりましたので、ご報告致します。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm29420193

    今回は、素敵な詞をありがとうございましたm(_ _)m
    また機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します!

    2016/08/10 22:59:54 From  マグネタイト

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは。
    詞の修正を柔軟に応じていただき、ありがとうございます!
    最後の「見つけていた」は、「見つけたんだ」でOKです。

    詞が確定しましたので、これからMIX・声調と動画作成をすすめていきます。
    動画投稿が終わりましたら、またご報告致します。

    2016/04/24 17:02:16 From  マグネタイト

  • userIcon

    ご意見・感想

    Cerulean (修正後)

    サビ
    厚い雲 空の重さ 苦しくて

    1-A
    生きていれば うまくいかない事
    一度くらい あるものだけれど
    「二度と同じ間違いはしない」
    次へと進む 自分を描く

    1-B
    僕にだって誰にだって
    曲げられないことくらい
    君にだって誰にだって
    プライドくらいある

    1-サビ
    輝いていたい未来は いつしか
    くすんだ色に見えてしまっていて
    立ち並ぶビルの隙間から 今日も
    僕らは青い空を 探していた

    2-A
    つまずいた 痛みすら 糧にして
    「人生のほんの一部だ」って
    そしたら、ちっぽけな気がしてさ
    次に進まなきゃと思えたよ

    2-B
    僕にとって君にとって
    大事なことは違ってて
    僕にだっていつかきっと
    輝ける日が来る

    2-サビ
    灰色の 雲を抜けて 降り注げ

    3-サビ
    風を この身で受けとめて 未来を
    この手で切り開けるような気がした
    立ち並ぶビルの隙間から やっと
    僕らは青い空を みつけていた

    2016/04/24 01:24:17 From  マグネタイト

  • userIcon

    メッセージのお返し

    メッセージありがとうございますm(_ _)m細かい内容は個人宛メッセージにて返答させていただきます。

    2016/04/24 15:03:47 ふるまいむ

  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは。マグネタイトです。
    詞のコンセプトが曲と合っていて良いので、採用させていただきたいと思います。
    私の方で気になった箇所を何点か修正致しました。
    以下をご確認いただき、ふるまいむ様のご意見を伺えたらと思います。
    よろしくお願い致します。

    <修正箇所>

    苦しくて 負けそうな日 俯いた→厚い雲 空の重さ 苦しくて
    誰だってうまくいかない日は→生きていれば うまくいかない事
    きっとあるって言い聞かせていた→一度くらい あるものだけれど
    心の中で何度も諭す→次へと進む 自分を描く
    なぜだか→いつしか
    そっと→今日も
    誰もが→僕らは
    誰だって失敗も経験で→つまずいた 痛みすら 糧にして
    霧に包まれた未来は なぜだか→風を この身で受けとめて 未来を
    気がして→気がした
    そっと→やっと
    探していた→みつけていた

    <修正理由の概略>

    負けそうな日という挫折感を「厚い雲」という自然的表現にして、「苦しくて 負けそうな日」という挫折感をCeruleanの対比としておいた。

    「誰にだって」や、「なぜだか」という重複表現を別の文言に代え、1番を人勢における失敗を見つめなおし模索する、2番をそこから先へ進むという構成にした。

    3サビで風という表現を入れ苦境に負けない自分を表現し、かつ雲(迷い)が払われるような情景を連想させるようにした。
    そして、最後に「僕らは青い空を みつけていた」という形で未来を予感させ、Ceruleanという曲名を強調した。

    2016/04/24 01:23:25 From  マグネタイト

もっとみる(5)
  • 【氷山キヨテル】 Cerulean (完成版)

    by マグネタイトさん

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP