微熱と焦燥 歌詞

投稿日:2015/05/02 21:42:22 | 文字数:554文字 | 閲覧数:3,382 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

微熱と焦燥


甲高い声で目が覚めた
ベルの音は既に嗄れている
サイレントサイレンが鳴り止まないから
僕はいつも二度寝するのさ

曖昧な言葉の裏側に
隠された秘密の伝言
サイファイなサイファーだ
解けるはずもない
僕はいつも蚊帳の外

灰暗い 迷っているんだ
進むあても分からぬまま
痛い位の劣等感と遊んでる

街道照らすヘッドライト
その急展開な世界を見せて
回動睨むエンドライト
でも新連載にゃ関係無いぜ


疎外感と二人
相対する感情
でも体裁変わんない
さめざめしたいんだ
ワンルームの隅っこで
顔面フルメッキ
でも状況変わんない
どうしようもないなぁ

愉快な空気に殴られて
居場所も揺蕩う靴の底
ハイファイなハイライト
求めて歩けど
僕はいつも一人きり

灰暗い 探しているんだ
示す地図も貰えぬまま
痛い位の劣等感と踊ってる

街道照らすヘッドライト
その急展開な世界を見せて
回動睨むエンドライト
でも新連載にゃ関係無いぜ


ローエンドな奈落の底見て安寧
ハイエンドな脳内電波と焦燥

街道照らすヘッドライト
その急展開な世界を見せて
回動睨むエンドライト
でも新連載にゃ関係無いぜ

街道照らすヘッドライト
もう電池が切れて何も見えないぜ
回動睨むエンドライト
でも最終回にゃ通用しないぜ

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP