しゃぼん玉花火

投稿日:2017/08/28 07:48:13 | 文字数:322文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

夏休みが終わる頃ですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雑踏の中を 逆さまに進む
足を止めたら もう動けないから
目印なんて わからないまま
うだるような八月を僕は走った

どこまで歩いたら 僕の花は咲くのか
どこまで根を伸ばせば 倒れなくなるのか
ドンと音がして 思わず顔上げた
光り 弾け 耳も目も空を追ってた

あんな大きな あんな綺麗な
あんな儚い花 僕は知らない
僕の人生も 僕の人生こそ
とんで とんで とんで
大空に光れ

どこまで歩いたら 僕の道は見えるか
どこまで手を伸ばせば また立ち上がれるか
ドンと音がして 思わず顔上げた
光り 弾け 耳も目も空を追ってた

あんな大きな あんな綺麗な
あんな儚い花 僕は知らない
僕の人生も 僕の人生こそ
とんで とんで とんで
大空に光れ

拙いですが音楽制作をやっています。覗いてくださってありがとうございます!

ニコ動マイリス→http://www.nicovideo.jp/mylist/59797834

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • しゃぼん玉花火(off_vocal)

    by 傘村トータさん

▲TOP