かなしみのない世界 (The World Lost Sorrow)

投稿日:2019/04/02 06:03:41 | 文字数:720文字 | 閲覧数:38 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

制作中のアルバムの詩を先行公開しました。
2010年末に突発性難聴を患い、回復後は低音感音性難聴の繰り返しで、詩と曲は書いていたものの入力ができず、音楽から遠ざかっていました。
ようやく少し回復してきたので、7曲入り2nd.アルバム、7月上旬発売を目指しています。

アルバム「高天原 ~美しい故郷の、美しい歌~」

この地に生まれる喜び、この地で逝く悲しみ。
死を描くことで起ち上がる生。此岸と彼岸を陸続きにする、こころみ。
宇宙時代の、新しい唱歌。

(1) 日本の、光り。(Hopeful Colors in Japan) / ピアプロ、YouTube、ニコ動で公開済み
(2) 時鳴川 ~ときなきがわ~ (The Cyclic Flow)
(3) 生あるうちに (Old Mother's Song)
(4) かなしみのない世界 (The World Lost Sorrow)
(5) オパールの海 (The Opal Universe)
(6) 木漏れ日のかたち (One-time Figure)
(7) 高天原 (TAKAMAGAHARA)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

■ かなしみのない世界 / The World Lost Sorrow

<作詞:2013年、作曲:2013年>

~去るを知る、最後のひとりへ~

百年はとうに過ぎ、幾世紀も
生き延びて飽きて 幕を引く

若返り よみがえり 移り変わり
死が分かつ叫び 今いづこ

父母も 友も去り 一人きり 長い未来に still in solitude...

Alone, alone, alone......
歳重ね 旅重ね 出会う人 増えても
Alone, alone, alone......
かなしみのない世界に ただひとり たたずむ
Alone......

---------

いつか来た この道を たどりながら
何度でも巡る 花の色

引き出して 差し出して 映し出して
むき出しの心 死の記憶

いつまでも生きられる 慟哭の 消えた世界に

Alone, alone, alone
歳重ね 旅重ね 出会う人 増えても
Alone, alone, alone
かなしみのない世界に 日はまた 翳るだけ
Alone......

---------

臆病な 薄明に 飲み込まれて
さわさわと光る 落ち葉たち

もう生きた まだ生きる 今を重ね
ただ水面に揺れる月、冷えて

朽ちてゆく 満ちてゆく かがり火に 踊る 羽虫

Alone, alone, alone
薄明り 解き明かす 心残り それだけ
Alone, alone, alone
かなしみのない世界に 無明の声 響いて
Alone......

どこまでも いつまでも 離れても 背けても

Live forever, in the world lost sorrow.

詩想と音韻をたいせつにしています。
著書・連載多数、日本語のライターです。自主レーベルでアルバムを出しています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP