春の日差しと、春の風と

投稿日:2009/04/02 10:25:43 | 文字数:341文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:小説

ライセンス:

なんでしょうかコレ。結局可哀想なだけじゃねーかっ!という。因みに書きたかったことはアイスがべしゃっとなる所なんです。(最低!)
ヘタレに書けなくてすみません。恰好よく書けなくてすみません。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

日差しが少し強い。春なのに眩しいとはどういう事なんだろう。マスターのいっていた“異常気象”とかいうものだろうか。
日差しが強い割りには風も吹いている。これに冷たさがあれば良いのだけれど、どちらかというと冷たくはない。
青いマフラーがふわりと風に乗ってなびく。何故だろうか。そんな自分のものに目がいって片手にアイスがあるのを忘れていた。
「溶ける、」
ヤバいと振り返ったがもう遅かった。三段重なっていた天辺がべしゃりと落ちて二段になった。
なんとなく落ちたアイスに目をやりどうする事もなく一つ溜め息をついた。もう外だし戻るのも面倒だな。
「何してんの!」
ふと顔を上げるとマスターが戻ってきていたので何時ものようにふざけて見せた。その後マスターの三段のアイスと取り替えさせてもらった。

初めまして。フリーダムな発想を持ってたらいいのになぁと思う、もうマッサージ機が恋人の10代です。
好きなボカロは鏡音リンですが低音萌えです。
ですが、低音萌えは男性のみなのでokなのです。ついでに機械萌えです。(携帯とかパソコンとかは違いますよ!←)アンドロイドとか大好きです。
取り敢えず可笑しな人間ですが宜しくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    うお、あがってる!
    更新頻度高いですねぇ(*_*)
    すごすぎる~

    2009/04/02 13:12:36 From  夢遊@活動停止中

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP