カレンデュラ

投稿日:2018/04/18 23:25:58 | 文字数:400文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

金盞花の花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」


花言葉の由来はギリシア神話で、こんな感じです。
「水の精(ニンフ)クリティが太陽神アポロンに恋をしました。
しかし、アポロンとレウトコエ王女が恋仲にあり、それをねたんだクリティが王女の父に密告してしまいます。怒った王は娘のレウトコエを生き埋めにしてしまいました。
自分の行ないを恥じたクリティは、9日間地面に座ったまま空をすぎるアポロンをみつめていると、やがてキンセンカに姿を変えてしまったといいます。」

ということで、この花言葉をイメージして作りました。

ゆかりさんの歌「カレンデュラ」
http://piapro.jp/t/xwp_
インスト「金盞花」
http://piapro.jp/t/8cbs

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

カレンデュラ

透きとおる空
色のない雲
追いかけた光の後

燃えさかるような
炎の姿
咲いたのは黄色い花

遠い土から
ずっと見ていた
光に照らされ咲いた

燃えさかるように
恋焦がれてた
熱が花びらをつたう

心掴む手に力を込めて
甘い蜜が滴り糸をひく

それは
紅い花

私じゃない

あなたに愛される花がある
それがどうして
私じゃないの

選ばれた花も
この世界も
壊れればいい
壊れればいいわ

鈍色の空
響く雷鳴
追いかける光は無く

燃えさかる火が
のたうちまわり
甘い日々 炭に変える

心掴む手が絞り潰して
黒い毒が溢れ体走る

それは
醜くて 愚かな私

あなたに愛される花がある
それがどうして
私じゃないの

選ばれた花も
この世界も
壊れればいい
壊れればいい

光を求めて咲かせたのは
太陽のような
向日葵じゃなく
妬みと悲しみを吸い上げ
咲いていたのはカレンデュラの花

tomoやで!
戦闘曲風のインストも作ってるやで。
実はヘビメタが一番好き。
尊敬している作曲家さんは鷺巣詩郎さん、Yoshikiさん、久石譲さん、神前暁さん。

鹿児島生まれの京都育ち、今は台湾に留学中やで。
台湾めちゃ良いやで!
宜しくお願いします!

2016年7月 
DTM開始(Studio One Prime)
2017年4月 
VOCALOID調教開始(ミクさんV3,ゆかりさんV4)

Twitter始めたやで
https://twitter.com/tomo__0804

ニコニコ動画にもいるやで
http://www.nicovideo.jp/user/2961195

Youtubeにもいるやで
https://www.youtube.com/channel/UC2YvQnIG7Sp5rsoP8i7Fn0A

連絡先やで
↓↓↓
toyo1040tomo@yahoo.co.jp

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【結月ゆかりV4】オリジナル曲vol.2「カレンデュラ」

    by 朋裕(tomo)さん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP