夜桜遊【編集中】

投稿日:2013/04/06 18:00:07 | 文字数:495文字 | 閲覧数:537 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

誰が遊びと言おうとも、全身全霊、あなたにあげる。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『夜桜遊』

散る 風に踊らされ
操られている
そう 私のようにね
春 朝の暖かさ
人の温かさ
酔う そして魅せる

千鳥足気味に足踏む
踊り子の創造
今宵手を取って狂って
なんでもかんでもしてみようか?

1234(わんつーさんし)でさ揺れたら
微動だにしない過去捨て
咲き誇れ花よ行(ゆ)くんだ
どこまで進もうか?

息 荒く麗しく
視界は見えない
でも まだまだこれから 
桃 柔らか唇
縁取る睫(まつげ)も
嗚呼 全部愛しい

遊びのように思えるこの恋
だけれど心に傷は付いた
全部欲に召される恋ならば
いっそ 身体委ねてしまおう

好意はいつからか強く
激しく私を侵し
あなたのために散れるなら
本気で散る

夜桜の夢をあなたに
踊り子の舞台は
ここにしか存在しない
なんでもかんでもしてみようか

1234でさ揺れたら
微動だにしない過去捨て
咲き誇れ花よ『どこまで』
そんなの要らない

夜は限界を超えよう
夜桜の名にかけてさ
咲き誇れ花よ行くんだ
枯れるにゃまだ早い

いついつまでも愛しようか
いつしか報われる日が来るさ
一生かけて愛したものなら
愛してくれるって信じてる

詠乃うた(前・ゆい)です。
現在このアカウントを使っておりますが、春から別アカウントに切り替える予定です。このアカウントで投稿された作品の使用報告および申請は切り替え以降新アカウントにて行う予定です。
浮上率は低いですがよろしくお願いします。
お気軽にフォローしてもらえれば嬉しいです。
また、歌詞への批評、アドバイスは絶賛受付中です。


*相原ふう様にアイコンを描いていただきました。ありがとうございます!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP