一粒の雫

投稿日:2020/07/07 16:32:46 | 文字数:358文字 | 閲覧数:157 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

永遠の別れがあって、でも来世があるなら、また縁があるといいなと思ったことがあっとので、その気持ちを書いてみました。

https://piapro.jp/t/xpCb 応募作品

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

最初は一粒の雫
流れ落ちて川になる
キラキラと光る思い出
水面に流されていく

ララバイ 遠い日の歌声が
ララバイ 繰り返し蘇る
ふとした瞬間に 胸を刺す
見上げる日差しのように

巡り合う運命 いつの日か
出会える その時は流れにのって 
永遠の記憶をなくしても
消せない懐かしい気持ち 感じるから


「かな表記」

さいしょは ひとつぶのしずく
ながれおちて かわになる
きらきらと ひかるおもいで
みなもに ながされていく

ららばい とおいひの うたごえが
ららばい くりかえし よみがえる
ふとした しゅんかんに むねをさす
みあげる ひざしのように

めぐりあう うんめい いつのひか
であえる そのときは ながれにのって 
えいえんの きおくを なくしても
けせない なつかしい きもち かんじるから

10個作ってみよう
仕事や英語のクラブ(まだ集まれなくて、オンラインミーティング中)も超忙しいけど、詞を書くのも好きだから、がんばる!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP