荒れよ在れよの大祭り 歌詞

投稿日:2019/07/16 18:03:15 | 文字数:427文字 | 閲覧数:7 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

荒れよ在れよの大祭りの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

荒れよ在れよの大祭り

陽が落ち町が目覚ますころに
集まれ祭りやぱっぱらっぱーっぱと戯れる
此処では何も咎めしない
太鼓や笛でもぴーひょろとんとこ鳴らせ

寄ってや観てや秘密の宴
人も妖も入り乱れる絵の具
酔っては舞っては賑わう宴
さあさ今宵絵にでもなりましょか

童たちは駆ける喧騒の中を
酒片手に肩組む 名も知らぬ者共
今日は誰も彼も顔を奇麗に歪む
祭りが描いた奇怪な絵画

闇夜で日差しがそっぽ向いたら
出てくる妖さーっさこっちと招く
此処では何なり構いやしない
荒れよ在れよどんがらがっしゃと盛大に

寄ってや観てや人妖の宴
全も悪も混ぜ込んだ災禍(彩華)
酔っては舞っては賑わう宴
さあさ月も迎えに行きましょか

童たちは寝ずに夜遊びに浸る
悪ふざけも歓迎さ千鳥どもが行く
今日は誰も彼も顔を奇麗に歪む
祭りに活けられた見慣れない花よ

月の帰る頃は何も残らずに
残された静寂がぎらぎらと照る
可笑しげな声が遠く木霊する
祭りが描いた奇怪な絵画

はじめまして。ダニーと申します。
巡音ルカを使った楽曲や自身で作詞したものなどをアップしていこうと思います。
(ニコニコ動画、YouTubeにも上げていきます)
よろしくです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 荒れよ在れよの大祭り

    by ダニーさん

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP