ソラシ度

投稿日:2019/01/04 12:50:22 | 文字数:900文字 | 閲覧数:99 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

野良猫♂さんの楽曲への応募【採用】作品となります。

投稿ページ
https://piapro.jp/t/wzx7

楽曲ページ
https://piapro.jp/html5_player_popup/?id=74bt8kbhomlzzonr&cdate=20191226231010&p=0

楽曲を聞いた時に浮かんだイメージが

ピアノ 舞台 叩きつける鍵盤 慟哭

という言葉と

曲調に少し悲しいというか怖いという印象を受けた為、

このような歌詞を書いてしまいました。

ひらがなVerでは歌えるように少し分かりやすく書いたつもりです。

タイトルは
「色々と目を逸らしたい角度」と音の「ドレミファソラシド」を合わせて
付けてみました。

最後の
「撥ねる戦慄 成らないわ」 は
大会などの選考から外され 成功への道が閉ざされた恐怖
みたいなニュアンスです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

撫でる鍵盤 押し込んでみても 跳ねる旋律 鳴らないわ
夢も希望も ドミソどれも
昔のように上手く もう弾けないや



子供のころ褒めて貰えたピアノを長く学んでみたものの
皆が手を伸ばすような表彰台なら届かない

パパとママが 喜ぶ 顔が酷く歪んで見えた

撫でる鍵盤 押し込んでみても 踊る情熱 なら無いわ
飢えも誹謗も ドとレどれも
昔のようには もう泣けないや



子供のころ買って貰えたピアノを長く学んでみたものの
私が出る大会なら周りのみんなが輝いた

パパとママが 叩いた 顔が酷く熱く笑えた

撫でる鍵盤 押し込んでみても 責める慟哭 すらないわ
明日も昨日も ミとファどれも
昔のようには もう聞けないや


ヒク理由を私から取り上げていったアナタ

撫でる鍵盤 押し込んでみても 撥ねる戦慄 成らないわ
脚も理想も ソラシどれも
昔のように上手く もう退けないや



ひらがなVer



なでるけんばん おしこーんでみても はねるせんーりつ ならーないわ
ゆめもきぼうも どみそどれもー
むかしのようにうまく もうひけないやー



こどものころほーめてもらえたぴあのを ながくまなんでみたものの
みんながてを のばすようなひょうしょうだーいならとどかなーい

ぱぱとままーが よろこぶ かおがひどくゆがんでみえた

なでるけんばん おしこーんでみても おどるじょうねつ ならーないわ
うえもひぼうも どとれどれーも
むかしのーようにわ もうなけないやー



こどものころかーってもらえたぴあのを ながくまなんでみたものの
わたしがでる たいかいなーらまわりのみんながかがやいた

ぱぱとままーが たたいた かおがひどくあつくわらえた

なでるけんばん おしこーんでみても せめるどうこく すらーないわ
あすもきのうも みとふぁどれーも
むかしのーようにわ もうきけないやー


ひくりゆうをわたしからー とりあげていったーあなたー

なでるけんばん おしこーんでみても はねるせんーりつ ならーないわ
あしもりそうも そらしどれもー
むかしのようにうまく もうひけないやー

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。
応募はするけど、書いた段階で満足しているので結果はあまり気にしない。
自己満足的に活動してますが、
どうぞよろしくお願い致します。
2020年、piapro歴1歳になりました。
まだまだ分からずオギャってる状態です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 初音ミク / オリジナル / ソラシ度

    by 野良猫♂さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP