独白昼夢

投稿日:2019/04/21 16:14:55 | 文字数:329文字 | 閲覧数:16 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

独白昼夢の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

独白昼夢

独りの夜に 寂しくはない
顔隠して 口遊む高速道路
右も左も 渡れはしない
朝が来ないままで立ち止まる
街灯の羅列を数えてくだけ
空っぽの心 いつまでも満たされない
何度だって繰り返す
脳内のシミュレート
「あの頃には戻れないの?」
もう一度だけ逢いたいから
追いかけて追いかけて
バックアップすり抜ける
最後に見た切ない背を
追走する隘路よ
置いてかないで
一緒にいたはず なのに
いつからか他人へと
さよならと無 表情の口に
本当の意味
いつまでも明かされない
最後だって気付かずに
あなたは去ってくから
泡沫より 淡く脆い
儚い夢 溢れてきそう
幻を 観ていたい
全てを嘲笑うように
欠けた月が影を写す
今はもう白昼夢みたいね

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 独白昼夢

    by HiNaさん

  • 独白昼夢 off vocal

    by HiNaさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP