3曲目の無題の歌詞

投稿日:2021/06/09 00:15:25 | 文字数:345文字 | 閲覧数:110 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

タイトルが決まらん。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

希薄さえも消えそうな
この繰り返しの日々
意味とかを考える事は
できても無意味で

憧れた街の風景も
陳腐な景色に変わった時代の
僕たちの場所はどこで
また君に会うには
どれだけの距離がいるの?

隔ったセカイに沈んでく
水底、光はまだ差さず


また日が暮れていって
一人で夜へと潜った
僕の手の届く距離じゃ
何もできないまま
今日が終わってしまうよ

いつかを待っていて
僕や君がさ死んだとて
気付かず通り過ぎるのは
怖いから、今飛び立つよ


消えない憂いの正体は
分からないけどさ
振り払う術を
いつも探している

見えない未来の憂鬱は
分け合えないけれど
君を見つけ出すよ

半径5メートルセカイ
孤独を繋いだ
でたらめの希望で

見つけ出してやるのさ
僕らだけの
揺るがない今を

秋羽カロという名前で自作曲をニコ動とつべに投稿しております。

CevioAIの結月ゆかり麗を使用、ジャンルとしてはギターロック~オルタナあたりのイメージです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 行先

    by 秋羽カロさん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP