思い出は風のように

投稿日:2014/05/12 20:56:10 | 文字数:600文字 | 閲覧数:166 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

初投稿です。
作曲とかできないんで歌詞書いてみました。
これに曲やイラスト付けてくれたら嬉しいなあ。
何かありましたら気軽にメッセージどうぞ!


~~~~~~~~~~~~

失恋は辛いよね。
誰だって次に進もうとするよね。
そんな励みになれたらいいな。共感してくれたら嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ただ歩いてきた ひとり
真っ直ぐな土手の道で わたし
揺れる真っ白なたんぽぽボウル見ていた
きっと思い出はそっとそこにあったのに
耳もとを通り抜ける風が囁いた

風に乗った種 ふわり
思い乗せた空見上げる わたし
ああ 暑いな 熱が喉元にせり上がる 
ああ どうして 飲み込む愛は心が乾くんだ

ありふれた毎日は退屈だけど心地よい風が吹いていた
わたしを揺らす おどけるように 笑うように
優しく撫でるように吹き抜けていったんだ

たんぽぽの種 ひとつ またひとつ
どこへ飛んで行くのか見届けられなくて
想像した どこかで寂しそうに舞っている姿
そしてきっと砂山のように積み重ねられていく

土手に ひとり わたし
見失った種 ふわり あなた
慰めるみたいに風が触れる
やめてよ まだここに居たいから
会いたいなんて思ってないから
ああ もう立っていられないな

ありふれた毎日は形にはならないそんな風になっていた
見上げれば眩しい 目を閉じれば流れる
たんぽぽボウルが揺れている

風に乗った種 ふわり
思い乗せた空見上げる わたし
ああ 変わってしまったんだ
ああ 終わってしまったんだ

浮かんだ思いは風に乗った
いつもと違う風が吹き抜けていく
ああ それならいっそ吹き飛ばしてしまえばいい
ああ わたし 定めるように髪を結んだ

また積もっても また吹き飛ばせばいい
ああ わたし 息を吸った

初めまして(・ω・)/
詞を投稿したくて登録しました。

登録したばかりで分からないことがほとんどです。
なので教えてもらえると有難いです!

どうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP