ヰ世界の宝石譚

投稿日:2021/07/12 23:55:18 | 文字数:689文字 | 閲覧数:275 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

作詞・作曲・編曲:sasakure.UK

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

瑕だらけの鳥が 空を撫でる
うそつきの兵器が 夢を灯す
問い 問い 問い 返事は無く解もなく
俄旅 行く宛てを背負って生きるは――

言葉の彩蓮が 光塞ぐ
出鱈目の正義と星の腫れ(ハレ)
遠い 遠い 遠い ヰ国の宝石箱
開けるたび泥まみれになる

それを見て 
嗤うもの 堪えるもの
堕ちるもの 馳せるもの
嘆くもの 枯れるもの
叫ぶもの 消えるもの

嗤うもの 堪えるもの
堕ちるもの 馳せるもの
嘆くもの

虹の街は燃えていた

スバラシキ(ヰ)世界 
スバラシキ(ヰ)世界 
そうで在ってほしい  いや、願い? 
まだ、零れないで!
この声が、枯れてしまう前に。

名前もない花を 狩る獣
荒れ果てた帝都と 夢の割れ(ワレ)
闇 厭味 病 異酷の砲石箱
触れるたび痣だらけになる

それはただ
脆いもの? 喚くもの?
消えるもの? 裂けるもの?
腫れ / 晴れるもの?

滲んでゆく、視界さえも

スバラシキ(ヰ)世界 
スバラシキ(ヰ)世界 
傷ついてばかり 溺れてさあ
でも、零れないで!
スクワレル心が在るのなら
  
振り向く少年
手には銃
鈍い泥
覆う光
雨が連れてきた
虹の唄

ハジメマシテ(ヰ)世界 
サヨナラ(ヰ)世界

スバラシキ(ヰ)世界 
スバラシキ(ヰ)世界 
そうで在ってほしい いや、願い!
まだ零れないで
明日はきっと―

スバラシキ(ヰ)世解 
スバラシキ(ヰ)世解 
私は見た!私は聴いた!
泥に塗れたって、
それは 宝石なんだ!

―ヒトはかつて、
世界に零レたこの 情緒 を
いっタい”何”と呼んだノだろう!
あア
la ラ 薇 螺

ヰ世界情緒(いせかいじょうちょ)といいます。
歌い、創ります。
KAMITSUBAKI STUDIO所属。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ヰ世界の宝石譚(instrumental)

    by ヰ世界情緒さん

もっと見る

▲TOP