季節心中~四季花月~

投稿日:2016/07/20 18:48:34 | 文字数:719文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『孤願悲願、おもゆれど…花見に勝る儚さなはなし………。』

昔々に書いた、ノリ良く!歌劇もの!!………と悪ノr…考えていたはずの作詞です(長いけれど、作詞です!)

なんとなく、クリプトンの女の子4人が浮かんでいました(書いた当時は)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

イントロ
四季折々の悲壮な夢を
艶やかに咲かせ
散らせましょう

今宵も厭世幕上がり


Aメロ
春は花見としょいこんで
綺麗な宴で酔い気分

薄桃色に囲まれて
妖しい夜まで夢現

ただ幽霊なので独り酒

Aメロ
夏は涼しい部屋の中
山や海へと入り乱れ

最後の夜に浴衣着て
縁日覗いて大花火

ただ幽霊なので里帰り

Bメロ
儚い恋などを憂いて
無理矢理心と心中

S
季節心中~四季花月~
もう視えない貴方の
視てくれない心を抱いて

独り泡沫と消えていく


Aメロ
秋は楓を集めに
紅葉狩りと洒落こみ

枯れ木に落ち葉を踏み
手を繋ぎ歩ければもう

ただ幽霊なので握れない

Aメロ
冬は雪に紛れてただ
あれやこれやと忙しく

流れに乗せられ贈り合い
二年詣りへと幸福を

ただ幽霊なので送れない


Bメロ
儚い恋などを嘆いて
無理矢理心と心中

S
季節心中~四季花月~
もう触れない貴方の
触れてくれない心を包み

独り泡沫と溶けていく


Cメロ
終わりを迎えた
幽霊たちの宴

治らない恋煩い
酒を呑めど呑めど
酔いは訪れず
貴方に酔わされ

今さら戻れない
夢現から


Bメロ
儚い恋などを望んで
無理矢理心と心中

S
季節心中~四季花月~
もう逢えない貴方の
遇ってくれない心を遺し

独り泡沫とさようなら


LS(Dメロ?)
一人老いて遠ざかる
貴方の余生を境から

覗いて見送り消えた

留まる思念に時を経(へ)
見知らぬ二人の恋に

焦がれと妬みと慈しみを

繰り返し眺めた
季節心中~四季花月~


アウトロ
忘れた頃に独り
淡い泡沫となり

今宵は越えていく
幕下がり眠るように

名も忘れた花が散る

アイコンは、もふるおさん に描いて頂きました。Twitter @moghluo
ヘッダーは、haineko さんに描いて頂きました。Twitter @shino1997
意外と惑わせていて、罪悪感を感じるので…。
りくりくりは男性です。
もう少し(いつまでも?)初心者です。
歌詞とSS(歌詞もどき)を創作しています。
基本的に投稿している作詞は作曲・イラスト募集をしているものです。

ただ、自由に歌詞を書くと長くなりすぎる傾向がありますので、しにくいと思われますが。・・・短くなるように精進中であります。
気に留めていただけたら幸いです。

遅ればせながら、Twitter始めました。
@rikulikuri

そして、何故か…。
音遊びを始めてしまいました………!?

お家には、v_flower(v4)、夢眠ねむ、兎眠りおん(v4)、心華(v4 日本語)、蒼姫ラピス、MEIKO(v3)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP