ボクだけが知っているうた

投稿日:2020/12/03 22:01:49 | 文字数:381文字 | 閲覧数:558 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

「ボクだけが知っているうた」の歌詞になります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ボクが紡ぎ出すこの歌が
誰かの心に届きますように
たとえどんなちっぽけでも
ボクだけが知っている歌を唄う

幼い頃描いたセカイ
手のひらから零れ落ちてく
記憶のカケラを集めては
一つ一つ重ねてゆく

大人になるほど道は暗くなって 足取りは重くて
それでも灯りを探し求めて 彷徨い歩いていた。

儚い想いは 遥か遠く
ボクだけがこの場所で一人きり
ああ それでもボクは唄う
ボクだけが知っているこの歌を

孤独が ボクを蝕んで
壊れそうになる こともあって
それでも 誰かに届くように
ちからをこめて 叫んでみる

誰もいないこの 孤独な旅路は終わることがなくて
誰もがそれぞれ 目指す場所があって
歩き続けている

(歌を唄う)
(ボクだけの歌)

誰も知らないボクだけの歌
誰かに届くように唄ってみるよ

たとえどんなちっぽけでも
ボクだけが知っている歌を唄う

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ボクだけが知っているうた

    by ウィンドミルさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP