Honey

投稿日:2018/07/28 22:22:46 | 文字数:595文字 | 閲覧数:91 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

A1の「かけがえのない」という語呂がいいなーと思ったら、こちらの歌詞ができました。今回はJポップ風を意識しています。

突然いなくなった最愛の人。
予告もなく突然消え、部屋に行ってみるとからっぽになっていた。
彼女にまた戻ってきてほしいと、部屋に彼女の好きなものを並べていく歌い手。こうすればいつか戻ってきてくれると信じて。
きっぱり振ってくれる方がよっぽど楽だけど、そうでないからこそ継続される想い。歌い手自身はたとえ辛くても彼女を待ち続けたいと願います

…といった感じです。

曲をつけてくださる方を募集します!
各パートで文字数は合わせてあります。
歌詞の変更などもぜひご相談ください^^

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
かけがえのないものを いくつ並べたら
かげがえのない人は 戻ってくるの
雨上がりの青空 露に濡れる花
些細な素晴らしさを 伝えたい人

B1
もぬけの部屋 何もないここに
並べていく 君の好きなものを
だけど君は 僕の好きな君は
いないいない どうして Ah どうして

S1
ありあまるほどの愛を ありあまるほどの想いを
受け止めてよ さもないと 心
爆発して消えるだろう
バイバイを言えないのなら
打ち砕いてくれたら よかったのに…

A2
限りない人生と いうオフロードに
ひょっこりと顔を出し 君は笑った
呆れるほど楽天家 ゴーイングマイウエィ
僕と正反対で 恋をしたんだ

B2
もうおしまい そんなふうに幕
おろしもせず 君は姿消した
すぐそこまで でかけてくるよと
言った君の 笑顔いつもどおりで

S2
狂おしいほどの孤独 狂おしいほどの現実
耐えてみせる 強がって 心
粉々になったとしても
全然平気だと笑え
見栄を張るくらいしか できないのさ

C
花が蜜に 吸い寄せられるように
君をここへ おびき出したいんだよ
一つ一つ 願い込めて並べる
君にとって かけがえのないものを

じゃあ 僕はどうなの…?

S3
たまらないほどの虚構 たまらないほどの寂しさ
抱きしめたい ただ一人 心
奪い消えた君のことを
累々積もってく想い
押しつぶされそうでも 平気だと笑え

はじめまして。
普段は小説と詩を書いています。
歌詞応募で気になった曲に歌詞を書いています。曲募集中の歌詞にはその旨タグをつけてありますので、気に入ってくださる作曲家様がいたらぜひご連絡ください^ ^
素敵なアイコンはそあさん(http://piapro.jp/sowasowasiteru)に描いていただきました♪
作詞依頼承っております。こちらのメッセージまたはツイッターで @Anri_Dfm まで。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP