幻想の幸

投稿日:2011/05/07 22:16:17 | 文字数:264文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

詩?
昔のを掘り起こしてきました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

作り物の幸せに溺れても
上辺の幻想に憧れても
見失いたくないもの
踏み止まりたい刹那がある

移ろいゆくものは信じ難く
壊れないものなどないかも知れず
震える貴方の瞳の奥は
桜の花弁を落とした水面

永久に流れる時と風が
遠く貴方を隠しても
私は変わらずあの頃の
想いを信じていたい

初めて触れたから
貴方の奥に
初めて想ったから
貴方の背中に

私は優しさに頼りすぎる
だから貴方にも希望を
私は愛に飢えすぎる
だから貴方にも永久の誓いを

決して叶わぬ願いでも
嘆くよりは夢見たい
静かに瞼閉じてみて
再び巡る朝に震えた

趣味で色々書いてます(主に詩)。

どうにも内向的なので、声かけてくれると嬉し過ぎます。

あまりログインできませんが、こんな新参者をどうぞよろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP