三寒四温

投稿日:2017/02/18 00:08:04 | 文字数:247文字 | 閲覧数:91 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

誰のためでもないのに
じりじり凍てつく空が
誰か意図した様に
僕を凍えさせてる

独り明けそうもない夜をやり過ごす

冬を耐えた命が
まもなく芽吹きの時を迎える季節
やがて咲く花でも
今は誰の目にも止まらないそんな季節

誰か見つけてくれ!
願っても嘆いても誰も気づかない


独り明けそうもない夜に怯えてる

誰が知っているだろう
冷たくて噛み付く様な雪の痛みを・・・

冬を耐えた命が
まもなく芽吹きの時を迎える季節
やがて実を結ぶと信じて今日も
雪の下で虎視眈々と強がってる

そんな季節

駆け出しボカロPです。宜しくお願い致します。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 三寒四温

    by 音無唯人さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP