パルドサム

投稿日:2018/07/24 02:02:18 | 文字数:851文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

すんさん https://piapro.jp/t/et2Z に応募


テーマ

転生輪廻
※パルドサムの花言葉

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

パルドサム

A
空白を 埋めるために 探してしまう、
あるはずのないものを延々とかく。

狂わす煌(こう)。
確かにここにあった軌跡は
蝕むように少しずつ消えていく。

B
求めることの もどかしさだとか
わかりきった解答(こたえ)を否定してうずくまる。

応答(こた)えることの 難しさだとか
纏めて宙に投げ捨てて 聴(みみ)を塞いで幾日過ぎる。

SX
移り変わる季節ごと、連れて行ってしまえばいい。
巡り、廻る(めぐりめぐる)、貴方と、
遥か彼方へと混ざり合う。

水泡(すいほう)に消えた追憶は 何処へと向かうのでしょう。
哭いた、凪いだ、会話も
刻(とき)の霧にまた抱かれあう。

SY
雨に濡れ、暑さを嫌う白い海の黄金(こがね)は
きっとすぐに 靴音奏で また来る。

A
終着ホーム。
刻を報せる笛の言葉、
聞こえども近づくことはできないんだろう。

揺るがす紺。
入れ替わり新たな記憶を
覚えながら始まりを享受するんだろう。

B
留まることを 知らぬ無情さよ、
いつか還帰(かえ)る迄に追いつくことはできるの。

恐れることを 知らぬ若人(わこうど)よ、
現れる迄に求めて、壊してしまえ。

SX
移り変わる季節ごと、飲み込んでしまえばいい。
巡り、廻る、貴方と、
遥か彼方へと混ざり合う。

愛した人のことなど、忘れてしまうのでしょう。
哭いた、凪いだ、会話も
芽吹く頃にまた紡ぎだす。

SY
この先も 惑いを嫌う白い海の黄金は
きっとすぐに 靴音奏で また来る。

C
貴方は何度目の貴方ですか。
細(ささ)やかな華に気付きましたか。
喜怒哀楽思い出しましたか。
でもそれ以上何もないでしょう。

言葉にはできないこの想いを、
大人にできないその望みを、
私にはできないその姿で、
大きな型(かたち)にしてください。

SZ
咲き誇る 白い海に揉まれ、
一年(ひととせ)駈ける 愛しの鮮やかさ、
その残り香を 追いかける虚しさ、
これで最後だ。

さよならをしよう。

(*・ω・)*_ _))ペコリン

何か連絡ありましたらメッセージに頂けたらすぐに飛んでいきます
(。・w・。)ゝ


◯の付いているものは採用されたものになります。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP